現金をすぐに調達できるキャッシング

必要になったお金を時間をかけずにすぐに調達できる手段としてキャッシングの利用があります。

キャッシングの場合、申し込みをする手間もそれほどかからず、審査の結果が分かるまでそれほどの時間を取られることがないので、キャッシングの申し込みから実際に返金を手に入れるまでの過程をその日のうちに済ませることができます。

また、キャッシングは申し込みの方法も多岐にわたっており店頭での申し込みのほか、無人契約機やWEB上での申し込みにも対応しています。

時間や場所を問わずにキャッシングの申し込みをすることができるのです。

そのため、急にお金が必要になったとしてもいずれかの方法で申し込みをすればすぐに現金を調達することができ慌てずに済みます。

総量規制対象外の目的別ローンを利用するならどこがおすすめ?

目的別ローンは総量規制の対象外なので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能です。そして、一般のキャッシングを利用するより金利が優遇されるので、これも目的別ローンの魅力だと言えるでしょう。

ただし、その名前の通り、何かの目的の為にお金を借りることになります。例えば冠婚葬祭の費用やレジャー費用、学校の入学金や授業費、入院費や免許の取得の為など、様々な目的に応じた借り入れを行うことができます。そのような目的があってお金が必要な場合には、フリーキャッシングではなく、目的別ローンを利用できないかキャッシング会社まで相談してみてください。

大手消費者金融では、プロミスとアイフルでこの目的別ローンを用意しています。プロミスでは最高300万円までの借り入れが可能で、金利は6.3~16.5%です。アイフルでは目的別に借りられる上限金額や金利が異なり、上限金額は50~100万円、金利は9.8~17.0%となっています。

この数字だけを見るとプロミスの方が利用しやすいように見えますが、アイフルの方が多くの目的に対応しているので、50万円や100万円で足りる目的の場合は、まずはプロミスにその目的で借りられるかを尋ねて、無理だった時にはアイフルの利用を考えてみてはどうでしょう。どちらの目的別ローンを利用してもフリーキャッシングよりお得なのは間違いありません。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社を名乗るメールには注意してください!

銀行や消費者金融、クレジットカード会社でキャシングやクレジットカード会社の契約をされる方は非常に多い世の中になっています。
今では、インターネットが普及し、申し込みや契約手続き、利用明細の確認もWEB上で済ませられます。

ですが、最近では銀行や消費者金融、クレジットカード会社を名乗る不審なメールが増えています。メールの内容は、商品の勧誘や登録情報の確認・更新依頼、支払延滞に関するものなどがあります。
一見すると、契約先からのメールと感じられるものの、実際に送られるメールを偽装し、ウイルス添付のメールとなっています。そのため、安易にメールを開いたりしないなどの対策が重要と言えます。

被害の一例としては、メールを開いただけで身代金要求型ウイルスに感染してしまい、不当な金額を要求されることになります。
もし、身の覚えのない内容のメールや勧誘案内が届いた場合は、メールを開かずに公式ホームページを確認するなどの自己防衛が重要です。
情報が確認出来ない場合は、フリーダイヤルに電話をした上でメールの送信事実を確認するなどの対応をすることをおすすめします。

もし、ウイルスに感染してしまった場合は、速やかにインターネットから端末を隔離し、情報漏えいを防止する必要があります。

契約先が貸金業法違反となった場合はどうなるの?

消費者金融のキャシングでは、過去に貸金業法違反が無いかを気にする方は少なくはありません。
大手消費者金融の場合、コンプライアンス遵守に力を入れており、法律違反というリスクはありません。
しかし、中小消費者金融の場合、契約時に説明不足や虚偽の説明、取立行為で処罰を受けることがあります。

では、契約先が貸金業法違反となり、業務停止または登録取り消しとなった場合、自分自身の契約にどのような影響があるのか心配になります。

結果としては、契約内容自体が貸金業法に違反していなければ、契約が無効になるものではありません。
闇金の場合は返済の義務がなくなり、出資法や利息制限法に抵触していた場合は超過した利息の返済が不要になるだけです。

つまり、返済自体に大きな影響が無くなりますが、中小消費者金融の場合は業務停止により財務状況の悪化が生じ破綻するリスクがあります。
その結果、契約者が注意することは契約先の変更すなわち債権譲渡先がどうなるかしっかりと把握することです。

専業主婦のためのカードローン口座

まだ子供が小さいからパートに行けないママさんでも、お金が必要な時があります。
ご主人の甲斐性があれば問題ありませんが、ご主人に「今月生活費が足りないからピンチだよ」とはなかなか言えないです。
そこで給料日まで2~3万円借りられたらという時に役に立つのがカードローンです。
しかし本人に収入のない専業主婦は、法律で借りられる金融機関が限定されているのです。

専業主婦が基本的に唯一借りられるのが、銀行カードローンです。
銀行カードローンは総量規制の対象外のため、収入のない専業主婦でも借りられます。
もちろんご主人の同意や収入を証明する書類の提出も不要で、ご主人に内緒で借りられます。
それに20~30万円までしか貸してもらえないので、借り過ぎるという心配もありません。
どうしてもお金が必要なら、銀行カードローンに頼ってはいかがでしょうか?

主婦でもキャッシング出来るの?

主婦という立場でもキャッシングを申し込んで融資を受けることが出来るのでしょうか?

この場合、主婦でもいろいろな立場があるということを考えておきましょう。
専業主婦で、個人としてまったく収入がない人や、パートやアルバイトで収入がある主婦もいらっしゃることでしょう。
この場合、パートやアルバイトで比較的安定した収入がある人はどのキャッシング会社からも融資を受けれる可能性が高いでしょう。
しかしその場合、最初の融資額は少ないでしょう。では専業主婦の方はどうすればよいでしょうか?
この場合、夫に安定した収入があるかどうかが関係してきます。
もし夫に安定した収入があれば融資を銀行系のキャッシング会社から受けることが出来るでしょう。

キャッシングで延滞をするとでてしまうペナルティー

キャッシングでお金を返済し忘れると、大きな損失を負うということを知っていますか?

ちょっとくらい遅れてもいいやと思っていると、大きな痛手を負うようなこともあったりします。

どんなことが起こるのでしょうか?

1 遅延損害金の発生

 返済期日を過ぎると、どこの会社であっても基本として遅延損害金という名の損害金を支払うようになっています。

遅延損害金の計算方法としては、借入残高×遅延損害金の利率(年率)÷365日×延滞日数という感じになります。

会社によって利率は異なりますが、最大で20%とくらいの損害金を取られることになります。

また、延滞日数は「返済期日の翌日から支払完了日」までの日数となっているのが一般的ですので

返済は遅れないようにしないといけません。

2 借り入れができなくなったり、ローンなどの審査にも影響が出る

 また、返済が滞るとその会社では新しくお金を借りられなくなります。

返済をしてくれな胃のにお金を貸してくれといってもそんな都合のいいことは許されません。

困ったときであっても返済がされていなければ、お金を借りれないので急なときなどには特に困ったものです。

その他にもローンなどの新規の審査にも影響が出てきます。信用情報に延滞や長期延滞などの記録が残るからです。

多重債務で悩んでいるならおまとめローンを

キャッシングを利用している人の中には、複数の業者から借入をしているという人もいるでしょう。
返済ができている間は問題がありませんが、毎月の返済が大変だと感じるようになってきたら、おまとめローンを考えてみる事が有効です。
おまとめローンは、複数の業者からの借入をひとつにまとめるサービスで、利用をすれば返済日が月に1日になるだけでなく、一般的なキャッシングよりも金利が下がる事で人気となっています。
そして、月々の返済額も無理のない金額に変わる事が多く、返済が大変と感じているのであれば、おまとめローンを利用しておいて損はありません。
現在は、消費者金融であっても、以前のような強引な取り立ては行っていませんが、返済ができない状態が続くと、延滞損害金が発生する事になります。

更に、返済の遅れが続くと、一括返済を求められる事になります。
月々の返済も大変な状態で、一括返済をするというのは簡単な事ではありません。
債務整理等を選ぶという方法もありますが、最もデメリットが少ないと言われる任意整理であっても信用情報に傷がつきます。
それに対して、おまとめローンの場合は、信用情報に影響がないというメリットがあります。
ですから、多重債務で悩んでいるなら、おまとめローンの活用がおすすめです。

キャッシングの本人確認書類の提出を運転免許証にすると審査が有利になる

キャッシングを利用する時に本人確認書類の提出が義務付けられています。
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されますが、提出するものによって審査に影響してくる事もあるのでしっかり覚えておきましょう。

本人確認書類を提出する時に運転免許証、健康保険証、パスポートのどれかを提出すればいいのですが、審査の時に有利になるのは運転免許証です。
運転免許証は本人確認書類でもありますが、車を運転する技能があるという証明にもなるので信頼性の高くなる傾向があります。
そのため運転免許証を本人確認書類で提出すると審査が可決されやすくなるので本人確認書類を提出する時は出来るだけ運転免許証を提出するようにしましょう。
また住所の変更があった場合は運転免許証を提出する前に申請しておきましょう。

キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利

私がカードローンを使うようになったのは夫の消費癖がひどかったからです。

初めは私の独身時代の貯金から生活費を当てていましたが貯金も底を尽きてしまいました。

元々クレジットカードから光熱費やガソリン代などは引いていたのでリボ払いで乗り切っていました。

そのリボ払いがどんどん溜まりその支払いをする為にもキャッシングに手を出していきました。

キャッシングは以前にも1度使っていた過去があります。

その時は返すあてもありました。実際に滞りなく返済出来ました。

一時的な出費だったのでキャッシング出来たことはとても助かりました。しかし、返すあてのない生活費にキャッシングを使うのはかなり危険だと思います。

実際に生活費をキャッシングし、返済と生活費がどんどん重なっていくことで借金が雪だるま式に膨らんでいきます。計画的に使用しないと借金がどうしようもなく膨らんでいきます。計画性が必要だと感じました。

キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利だと思います。しかし生活費にあてるのは危険です。返すあてのない借金はしないで下さい。そして家族であってもカードは貸さないで下さい。

これからクレジットカードを作ろうという人は参考にしてください。