キャッシングの返済方法には金融業者の特徴が出る

キャッシングの申込方法だけでなく、借入や返済方法が多様化した結果として、金融業者ごとに特徴が出るようになりました。

金利設定が大きく変わらない消費者金融では、僅かな1%未満の金利差よりも、返済方法の多様化と使いやすさを中心に選んだ方が、総返済額を減らせる可能性があります。

専用ATMだけでなくコンビニATMでも借入と返済が出来るようになりましたが、提携ATM利用手数料は金融業者によりバラバラな現状があります。

常に一括返済をしている人ならば大した金額になりませんが、1回216円の提携ATM利用手数料であっても、年12回利用すれば2,592円と無視できない金額となります。

随時返済と約定返済を組み合わせると返済回数は更に増えるので、手数料だけでも4,000円以上となっても不思議ではありません。

囁かれる銀行カードローン難民!自主規制で利用停止も!

2017年は銀行カードローンにとって大きな転換期と言える1年でした。スピード審査や総量規制対象外、そして消費者金融に比べ低い金利が人気であり、総貸付額が消費者金融を大きく上回る状況が続いています。

しかし、スピード審査の見直し、広告CMの自粛、年収確認による審査の厳格化などが行われるようになっています。中でも、自主規制の強化により、消費者金融の融資同様に総量規制に準ずる銀行も増えています。

ここで注意しなければならないのが、借りたくても借りられないということで銀行カードローン難民というワードが話題になっています。消費者金融からだけでなく、銀行からの融資も受けられなくなり、生活に行き詰まるといった人の増加が問題視されています。

さらに、銀行カードローンの総量規制に準ずる行為は、利用残高が既に高額となり、上限に達している人は新規借り入れ停止というリスクが生じています。そのため、現在利用残高に注意しなければカードローン自体が使えなくなるといったこともあり得ます。

さらに、これまで利用目的として挙げられていた借り換えやおまとめローン自体も、総量規制に準ずることで契約が難しくなる可能性が高くなっています。

現状、銀行カードローンの取り巻く環境は刻々と変化しているため、常に最新情報を確認して契約・利用することが重要になっています。特にインターネット上の紹介サイトや比較サイトの情報は参考にならないケースも出てくるため、慎重に判断する必要があります。

キャッシング業者を比較する際にはどこを注目すべきか?

キャッシング業者を比較するときにどの面を比較して選ぶ基準にすれば良いか、なかなかまとまらないことがありますよね?

どこも一緒のように見えて実は結構違うのがキャッシング業者。比較基準を2点紹介します。

1つは即日融資が可能か?急いでお金が必要という方はここを注意しましょう。

銀行系の業者は金利が低いものの即日融資に対応していないケースがありますので、金利だけに目が行ってしまうと見落としてしまいますので要チェックです。

もう1つは金利面でのキャンペーンがあるか?金利が高い業者でも初めてご利用する場合は金利が無料というキャンペーンを行っている場合があります。

このようなプランは積極的に活用しましょう。

キャッシングは借り入れ期間が長くなるに従って金利の支払額が大きくなります。無利息となればかなり返済額に影響するのです。

しっかり比較してより良いキャッシング業者を見つけましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査を受ける時の2つの注意点

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは低金利で即日融資を受ける事が出来る大手銀行のカードローンなのでネットの口コミでの評価も高くなっています。それでキャッシングをする時は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを利用する人も多いですが、審査で注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査でどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・月に1回以上の収入を得ていないと審査に落ちる

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは安定した収入を得ている人が貸付条件になっているので収入が多ければ審査に可決されるだろうと思ってしまう人もいます。しかし収入が多くても数ヶ月に1回ある場合や収入を得る時期が不定期な場合は収入が不安定と判断されて審査に落ちる可能性が高いです。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックに申し込みをする時は月に1回以上の収入を得ておくようにしましょう。

・アコムが保証会社となっている業者で借り入れをしていると審査が不利になる

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査は保証会社となっているアコムが行います。それでアコムが保証会社となっている業者から借り入れをしていると審査が不利になってしまいます。アコムが保証会社となっている業者からの借入件数が3件以上あると確実に審査に落ちるので注意しましょう。

現在でも専業主婦が利用できる銀行カードローンは?

昨今の銀行カードローン問題から、以前は自身には収入のない専業主婦でも契約できた銀行カードローンが次々と新規の契約を行わなくなっている現実があります。この問題自体が返済能力のない人に必要以上に貸していたという問題だったので、これはいた仕方のない面もあると言えます。

特に大手都市銀行やそれに迫る規模の各銀行では新規に専業主婦が契約を行うのは難しくなりました。一部の地方銀行ではまだ専業主婦でも契約を行えますが、その銀行の営業エリアに住んでいることが条件だという場合も多いことから、現在キャッシングをしたい専業主婦はどこなら利用できるか探すのも大変だと思います。

そこでおすすめしたいのが、元々専業主婦でも比較的借りやすかったネット銀行です。その中でも楽天銀行やジャパンネット銀行では今でも問題なく専業主婦でも契約を行うことができます。特に楽天銀行は配偶者である夫の勤務先を伝える必要もないので、夫には内緒でカードローンを利用したい人にはとてもおすすめです。

ジャパンネット銀行の場合、借りることはできますが、原則的に夫の勤務先まで確認の電話があります。更にジャパンネット銀行の口座も作る必要があるので、楽天銀行より些かハードルが高くなりますが、それでも問題がないという場合にはこちらも候補に入れていいでしょう。

更にソニー銀行でも専業主婦に対して融資を行っていますが、この銀行では本人の住民票が必要になり、借りられるのは最高でも10万円までです。

このような現状から、専業主婦がカードローンを利用するなら楽天銀行がおすすめなのは間違いありません。融資金額も最高で50万円までなので、専業主婦にとってこれ以上の条件の銀行はまず現在ではないと言えるかも知れません。

中小の消費者金融でも在籍確認がないところもある。

在籍確認は、中小の消費者金融だと借り入れをしてくる属性的にもなかなか信用がない人が多いものですから、在籍確認はしっかりとしてくるような会社ばかりのような感じがします。

ですが、在籍確認に関しては中小の消費者金融であってもないようにできるところもあります。

中小企業であっても、顧客の獲得のために独自でできる限りのサービスを展開している会社も多く、その中でも在籍確認なしで行えるような会社もあります。 借金がかなり危ない状況であっても誰にも相談できないような方には結構重宝されます。

会社とかにできればばれたくないようなケースであっても、中小でもそういったことをしなくてもいいように確認が取れる会社もありますので、色々さがしてみて、契約をもし混んでみるといいでしょう。

キャッシングの審査とは何か?

キャッシングする際に避けて通れないのが「審査」です。

一体何を調べるのか、ちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。

信用情報というのは過去に金融機関を使った場合に、その履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。

扱われている内容は大きく三つあります。

1・個人を特定する目的の情報

氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号など

2・契約に関わる情報

借入日とその金額、入金履歴、その残高、完済日など

ほかの金融機関から借入がある場合は、この履歴も審査の対象となります。

3・事故情報

返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴情報

こういった情報を元に、キャッシングの可否が決められます。

しかし、実際は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないで、ブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらって、高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。

現金をすぐに調達できるキャッシング

必要になったお金を時間をかけずにすぐに調達できる手段としてキャッシングの利用があります。

キャッシングの場合、申し込みをする手間もそれほどかからず、審査の結果が分かるまでそれほどの時間を取られることがないので、キャッシングの申し込みから実際に返金を手に入れるまでの過程をその日のうちに済ませることができます。

また、キャッシングは申し込みの方法も多岐にわたっており店頭での申し込みのほか、無人契約機やWEB上での申し込みにも対応しています。

時間や場所を問わずにキャッシングの申し込みをすることができるのです。

そのため、急にお金が必要になったとしてもいずれかの方法で申し込みをすればすぐに現金を調達することができ慌てずに済みます。

総量規制対象外の目的別ローンを利用するならどこがおすすめ?

目的別ローンは総量規制の対象外なので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能です。そして、一般のキャッシングを利用するより金利が優遇されるので、これも目的別ローンの魅力だと言えるでしょう。

ただし、その名前の通り、何かの目的の為にお金を借りることになります。例えば冠婚葬祭の費用やレジャー費用、学校の入学金や授業費、入院費や免許の取得の為など、様々な目的に応じた借り入れを行うことができます。そのような目的があってお金が必要な場合には、フリーキャッシングではなく、目的別ローンを利用できないかキャッシング会社まで相談してみてください。

大手消費者金融では、プロミスとアイフルでこの目的別ローンを用意しています。プロミスでは最高300万円までの借り入れが可能で、金利は6.3~16.5%です。アイフルでは目的別に借りられる上限金額や金利が異なり、上限金額は50~100万円、金利は9.8~17.0%となっています。

この数字だけを見るとプロミスの方が利用しやすいように見えますが、アイフルの方が多くの目的に対応しているので、50万円や100万円で足りる目的の場合は、まずはプロミスにその目的で借りられるかを尋ねて、無理だった時にはアイフルの利用を考えてみてはどうでしょう。どちらの目的別ローンを利用してもフリーキャッシングよりお得なのは間違いありません。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社を名乗るメールには注意してください!

銀行や消費者金融、クレジットカード会社でキャシングやクレジットカード会社の契約をされる方は非常に多い世の中になっています。
今では、インターネットが普及し、申し込みや契約手続き、利用明細の確認もWEB上で済ませられます。

ですが、最近では銀行や消費者金融、クレジットカード会社を名乗る不審なメールが増えています。メールの内容は、商品の勧誘や登録情報の確認・更新依頼、支払延滞に関するものなどがあります。
一見すると、契約先からのメールと感じられるものの、実際に送られるメールを偽装し、ウイルス添付のメールとなっています。そのため、安易にメールを開いたりしないなどの対策が重要と言えます。

被害の一例としては、メールを開いただけで身代金要求型ウイルスに感染してしまい、不当な金額を要求されることになります。
もし、身の覚えのない内容のメールや勧誘案内が届いた場合は、メールを開かずに公式ホームページを確認するなどの自己防衛が重要です。
情報が確認出来ない場合は、フリーダイヤルに電話をした上でメールの送信事実を確認するなどの対応をすることをおすすめします。

もし、ウイルスに感染してしまった場合は、速やかにインターネットから端末を隔離し、情報漏えいを防止する必要があります。