一般的なキャッシングに適用される金利について

キャッシングの利用を考えた時に、一番気になるのは、いくら利息がかかるのか、という点ではないでしょうか。

消費者金融や銀行のキャッシングの利率は、3.0~18.0%、4.0~14.5%というように、ある程度の幅をもって表示されています。いくら借りたら、どの利率が適用されるのかは細かく決まっていますが、フリーローンと呼ばれる一般的なキャッシングの利用では最高金利が適用されます。

キャシングの金利は、大手消費者金融では18.0%、銀行では14.5%程度が最も多くなっています。金利で選ぶなら銀行が有利ですが、審査が厳しめで時間がかかる傾向があるので、スピードを重視して消費者金融を選ぶ人も多くなっています。また、大手消費者金融では、初回契約に限り、30日間の無利息サービスを行っているところが多いので、すぐに返済できる場合は、消費者金融の方が支払利息を抑えられることもあります。

申込み前には、各社のサイトで返済シミュレーションをして、利息を確認してみましょう。

審査なくしてお金を借りることは難しい

お金がなくても消費者金融があるから大丈夫と安易な考えをお持ちの方も実際にいるようです。確かに消費者金融はお金に困っている方の力になってくれるのですが、それは審査に通った方のみにしかお金を貸さないという意味なのです。なのでキャッシングも審査に通らなければ始まらないということです。そもそもどうして審査というものが存在しているのかと説明しますと、本当にこの人にお金を貸しても返済してくれるのか?という心配があるからなのです。

つまり仕事をしていないという方だと返済方法が全く想像できなくなるので、審査に通らないことが多いです。また住んでいる場所を証明できないのも問題となります。お金を貸したのに消息が不明になられてしまっていは消費者金融も困るからです。キャッシングには審査が付き物ということを忘れてはいけないのです。

負担軽減するならネット返済の活用を!

消費者金融のカードローンにおいて、毎月の返済時に手数料に注意する必要があります。特に時間が無く提携ATMの利用頻度の多い方は無駄な費用が発生してしまい負担がアップすることもあります。提携ATMの場合、返済時も利用手数料が掛かることがあり、返済のために銀行口座から現金を引き出す際にも手数料を支払うといった二重の無駄に繋がることもあり得ます。

しかし、大手消費者金融ならネット返済にも対応しており、振込手数料が無料とお得な面があります。特に日中は仕事で忙しく返済手続きは夜間になる方はネット返済で手数料を抑え、浮いた手数料分を返済の元本に充てるのがおすすめです。ATMの利用手数料は見逃しがちですが、カードローンを利用するなら契約前にチェックすることが重要です。

アルバイトでもキャッシングをすることは可能

アルバイトの方でも安定した収入を確保しており、多くの収入を稼いでいる方は十分にキャッシングを利用できる可能性があります。実際にアルバイトという立場でキャッシングをしている方はたくさんいるので、雇用形態がアルバイトだからといって、必ずしも利用することができない訳ではないです。

安定した収入に加えて、個人の信用情報をチェックしていき、どちらも問題なければ、融資をしてくれる可能性が高いです。少しでもキャッシングの審査を通過するためには、アルバイトで働いている方に対し、融資実績を多く積み重ねている銀行や消費者金融を選択することが大切です。

同じように見える銀行や消費者金融でもどのような人に融資をしているのか異なっているため、アルバイトの人に融資を積極的に行っている銀行や消費者金融を選べば、少しでも融資してもらえる可能性が高まります。

即日融資の消費者金融のメリット

即日融資してもらえる消費者金融が人気です。消費者金融というと、金利が高いイメージがあるかも知れませんが、業者を選べば上限があまり高くない所もありますし、初回の利用なら金利がかからないというところを選べばかなりお得に融資が受けられます。自分がどの業者を利用するのかを決める時には比較したほうがより便利でお得に利用できます。

金利や返済方法は業者によっても異なります。特に初回の利用で金利ゼロというサービスは利用しないともったいないくらいですので初めてという方はぜひ利用しましょう。インターネットから申し込むと即日融資が可能です。その日のうちに入金をしてもらいたい場合には、できれば午前中までに申し込みを終えているのが理想です。

銀行のカードローンなら総量規制対象外です

今月、少しお金が足りない。借りたいのにでも、消費者金融のカードローンの審査に落ちてしまった。

返済もしっかりしてるのになんでだろうとお悩みの方。

もしかしたら、総量規制に引っかかっているのかもしれませんよ?

そもそも総量規制とは、過度な借り入れを防止するために設けられた制度で債務者の年収の三分の一以上の借り入れをできなくする規制です。

簡単に言いますと、年収300万円の方なら100万円が借りられてそれ以上は規制に引っかかるために借り入れができなくなるということです。

一度、自分の年収と借入金額を見て調べてみましょう。

調べてみて総量規制に引っかかっている方、なるほどじゃあ借りられないのか諦めようと思ってしまいますよね?

諦めないでください、総量規制対象の方でも借りられる可能性があるところがあります。

それが、銀行のカードローンです。

なぜ、銀行のカードローンは総量規制に引っかからないのか?

そもそも、総量規制というのは、賃金業方に基づいた規制で銀行のカードローンは銀行法に基づいて審査、融資をしています。銀行法には、総量規制がありません。

なので、銀行の独自の審査に基づいて総量規制対象外になり融資の可決や否決が出せるのです。

消費者金融で即答で借りられなかった場合、総量規制に引っかかってないか調べ、引っかかっている場合は銀行のカードローンでの借り入れも視野に入れるのもいい方法だと思います。

アルバイトでもキャッシングできるの?

当時、自分はスーパーのアルバイトをやっていました。

どうしても、今年から入学する専門学校の入学金の工面ができずに悩んでいました。

そこでアコムさんから、借り入れをしてみようと思いました。

しかし、社員になっておらずバイトの人間が借りられるのか不安で不安で堪りませんでした。

しかし、借り入れしないと入学ができない事もあり、自分を奮い立たせアコムの門を叩きました。

結論から言いますと、40万円の融資を受けました。

借り入れをしたあとにネットなどでなぜ借りられたのかというのを気になって調べてみました。

やはり、一番大切なのは、アルバイトでも在籍年数が長いことらしいです。(自分は、当時その職場で五年努めていました)

そして、安定した給与をもらっている事。が、大切な事と記載されておりました。

バイト、パートでも借りられました。アコムのオペレーターさんは、とても物腰が柔らかく相談だけでも聞いてくれると思います。悩んでいる方は、一度相談だけでも言ってみてもいいかもしれませんね。

アルバイトでもあきらめないで!アルバイタでもキャッシングはできます!

私はキャッシング経験があるので、よく友人からキャッシングのことについて聞かれます。

その中で一番多いのは「アルバイトでもキャッシングが出来るの?」という質問です。

もちろん全ての人がキャッシングを利用できる、というわけではありません。

しかし私はフリーター時代でもキャッシングをすることができました。

アルバイターでも一定の収入があれば、キャッシングを諦めずにぜひ審査を受けてみて欲しいなと思います。

私自身フリーター時代はクレジットカードの作成を拒否されたこともあったので、キャッシングはできないとあきらめていましたが、実際に借りることができました。

さらに、キャッシングの仕組みはとても端的でわかりやすく簡単に利用をすることが出来ます。

審査自体に必要な書類などは特にありません。

顔写真付きの身分証明書を携帯のカメラで送信するだけで、さらに結果がメールや電話で来た後はそのまま契約も出来てしまいます。

実際に店舗に行って審査・契約をしなくて済むのも、忙しいアルバイターには嬉しい点ですよね。

誰にでも急な出費で困る経験はあると思います。

アルバイターの方でもキャッシングが利用できる、という知識をどこかで覚えておいて欲しいなと思います。

キャッシングの返済はどこでやるのか

昔は店舗でお金を借りて、返済もそこまで持っていくことがキャッシングの基本だったのですがATMなどの普及によって、そこでの返済もできるようになっています。そもそも無人の貸付機というのが出てきたから一気に普及したこともあり、借り入れから返済まで一度も人と対面することなく、済ませることもできるようになっています。返済なのですが有人店舗に持っていく、無人店舗の機械から、提携しているATMから、特定の口座に振込みをして、或いは口座振替なんてことができるところもあります。色々な方法で返済ができるようになっていますがその方式自体は二つしかないです。

それが約定返済と随時返済になります。約定返済は毎月確実にこの金額まで返済はして、というものであり、随時返済はそれ以外の返済になります。一回払いならばともかくとして、分割でやっていく場合においては如何に多くの随時返済ができるのか、ということによって最終的な利息の合計が違ってくることになりますから、少しでも前倒しして随時返済をしていくようにしましょう。しかし、ここで注意するべきは返済する時のATMなどの手数料です。業者のATMなどであればかからないですが提携しているだけのところではかかることもありますから注意することです。

キャッシングの返済方法には金融業者の特徴が出る

キャッシングの申込方法だけでなく、借入や返済方法が多様化した結果として、金融業者ごとに特徴が出るようになりました。

金利設定が大きく変わらない消費者金融では、僅かな1%未満の金利差よりも、返済方法の多様化と使いやすさを中心に選んだ方が、総返済額を減らせる可能性があります。

専用ATMだけでなくコンビニATMでも借入と返済が出来るようになりましたが、提携ATM利用手数料は金融業者によりバラバラな現状があります。

常に一括返済をしている人ならば大した金額になりませんが、1回216円の提携ATM利用手数料であっても、年12回利用すれば2,592円と無視できない金額となります。

随時返済と約定返済を組み合わせると返済回数は更に増えるので、手数料だけでも4,000円以上となっても不思議ではありません。