カードローン会社をよくよく検討すること

カードローンというのは、色々な業者がやっていますから比較してみるとよいでしょう。銀行系とそうでないところ、ということから選り分けてみると良いでしょう。そうすることによって、少しでも金利で貸してくれるところが見付かることでしょう。当たり前ではあるのですが何処でもよいというわけではありませんし、何処でも貸してくれるわけではないです。

そのあたりが難しい判断を迫られることになります。検討するべきこととしては金利があるのは確かではあるのですが、低金利のところはなかなか貸してくれない、カードを発行してくれない、ということになりますから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。難しいですがお金を借りる時には考えるべき点といえるでしょう。

ちなみにカードローンのカードは基本的に持っていることにデメリットはないです。ですから、とりあえず発行してもらっておくと良いでしょう。そうすれば上手く活用できるようになるでしょう。

キャッシング初心者の学生が陥る罠

最近はクレジット一体型のカードが多いですが、キャッシュ機能を何も考えずにつけてしまうとリスクが大きくなります。例えば毎日使うポイントカードなどや銀行のカードにキャッシュ機能をつける時は本当に管理できるか考えなくてはなりません。

また、キャッシュカードを無意味に複数もつことはお勧めしません。ではどうすれば安全に利用できるでしょうか。

クレジットカードとポイントカードを分けましょう。そして、クレジットカードは一つにして使わない時は適切な場所に保管しましょう。

特に、最近気をつけなくてはいけないと思ったのはTカードです。Tカードは定期的に更新する上、その度に手数料が無くなるという釣り餌でキャッシュ機能の付与を勧めてきます。たかが数百円のために、クレジットカードの不正利用のリスクを高めるというのはあまり良いことだとは思えません。

また、すでにあるポイントカードのキャッシュ機能必要ない場合は、キャッシュ幅を0に設定して、不正利用されないようにしましょう。

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利です。しかし、間違った使い方をすれば、不正利用されたり、または銀行からの信頼を失い再発行が出来なくなるというリスクもあります。その上で正しい利用法を身につけるということが学生のうちに必要なのではないでしょうか。

キャッシングの比較検討にインターネットを活用しよう

キャッシングを利用するに当たって、利用する会社は慎重に選ばなくてはなりません。キャッシング会社を比較検討する際に、最も役に立つのがインターネットでしょう。

例えば、キャッシング会社の公式ホームページには、利用者の声を掲載しているところもあります。しかし、あくまでも宣伝であるため、長所ばかりが全面的に押し出されているところがほとんどです。実際に利用した方の中には、「こういったところがちょっと…」といったような不満の声もあるはずです。もちろん、「ここが良かった」という喜びの声もあるはずです。

インターネットではキャッシング会社ごとに口コミを紹介していたり、人気ランキングを掲載しているところも数多くあります。いくら知名度がある会社だからといって、それが自分が求めているキャッシングの理想に近いとは限りません。口コミやランキングサイトを利用すれば、ありのままの利用者の声を聞くことができるというのは大きなメリットです。

長所も短所も踏まえながら、より良いキャッシング会社を選んでこそ、キャッシングに対する不安を取り除き、安心して利用できることにつながります。キャッシング会社の比較検討にはインターネットを最大限に活用して、情報収集してみることをオススメします。

りそな銀行のカードローンの共通する特徴

メガバンクの一つであるりそな銀行はプレミアムカードローンという商品とクイックカードローンという商品と2種類ものカードローンの取扱いをしていて、それぞれの商品に魅力的な特徴があります。

それぞれのカードローンには違いがある一方で、共通している特徴もあるので、それらについて解説を行います。

・共通する特徴について

りそな銀行のカードローンは種類の関係なくインターネットでの申し込みが可能であり、来店不要での契約が可能となっています。またりそな銀行の普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が加わる形となるので、すでにりそな銀行のキャッシュカードを持っている人ならば、新たにカードの受領をする必要がなく、窓口に足を運ぶ必要なく契約ができるという特徴があるのです。

またりそな銀行の普通預金口座から税金や公共料金などの引き落とし設定をしている場合、カードローンはさらに便利な機能を発揮してくれます。

もしも引き落としの際に残高が不足している場合、不足分を自動的に融資してくれ、残高不足での引き落とし不能を防いでくれる機能があるのです。この機能があればうっかり忘れをしていてもお金がなくて困っている時でも、引き落とし不能という最悪の事態を避けることができるのです。

おまとめローンで多重債務解消を目指す

借入金を決められた返済日までにきちんと返すのはキャッシング利用の基本ですが、何らかの理由により複数社から借り入れをしてしまうと返済日を管理すること自体が難しくなってしまいます。バラバラの返済日を把握する必要がありますし、いちいち振り込みをする手間もかかってしまいます。多重債務というのは単に借金が高額になってしまうというだけではなく、返済手続きそのものに関する負担も増してしまうのです。

多重債務の返済管理にお悩みの方にお勧めなのが「おまとめローン」です。おまとめローンとは複数社からの借り入れを一本化するための専用ローンプランで、手間のかかる多重債務状態を解消することができる便利なローンです。

おまとめローンでは借入金を利用してすべてのキャッシング業者の債務を一括で清算し、その後はおまとめローンの返済のみを行っていきます。複雑な多重債務状態を解消することで返済に伴う管理コストを最小限に抑えられるだけでなく、かさみがちな金利負担も圧縮することができます。

おまとめローンの利用には一般のキャッシングと同様に審査が行われますが、毎月定期的な収入があってきちんと返済してきた実績があるのなら問題なく通過することができます。多重債務状態を解消して自分の借金総額を把握しやすくなりますから、より計画的に返済していくことができるのもおまとめローンの魅力です。

注意しなければいけないのは、おまとめローンを利用しただけで返済した気持ちにならないようにすることです。多重債務状態が解消されたことでほっとする気持ちはわかりますが、おまとめローンの返済はまだ残ったままです。安心するのはおまとめローンを完済してからにしましょう。

主婦は消費者金融でキャッシングをすることができるか

主婦の女性もいろいろなことでお金が必要になるので、キャッシングをすることが少なくありません。そして主婦は基本的に銀行カードローンを利用して借入をしています。その理由として消費者金融は総量規制の対象となっているので、主婦の女性は借入しにくいからです。

そこで主婦の女性は消費者金融を利用してお金を借りることができるのかが気になるところですが、それは可能です。なぜなら総量規制の問題をクリアするためには借入をする人の収入面や勤務先の勤続期間などの属性を改善すればいいからです。

そして主婦といっても会社などに勤務して仕事をして収入を得ている人であればまず問題なく消費者金融で融資を受けることができます。またパートやアルバイトをしている主婦でもレギュラーとして勤務していればまず審査に落とされることはないでしょう。

これに対して仕事をしてない専業主婦はどうなのかというと旦那に協力してもらって配偶者貸付を利用することでキャッシングをすることができます。

消費者金融は安心して利用できる金融機関です

消費者金融からお金を借りることに不安や抵抗を感じているかたは多いと思いますが、銀行のグループ会社になっているような消費者金融を選べば法外な利息を取られることもありませんので普通の金融機関として安心して使えると思っています。もちろんお金を借りれば利息は掛りますので計画的に利用する必要はあります。

借りたお金はすぐに返すということに気を付けて利用していれば何の問題もありません。私もお給料日前に少しお金が足りなくなると消費者金融からお金をちょっとお金を借りてお給料が出たらすぐに返すようにしています。私が借りているのはいつもだいたい1万円とか2万円くらいです。給油日前の10日前に2万円借りたとして利息がどれくらいになるのかと言いますと、利率を18%として計算すると99円くらいです。99円ほどの利息であれば大して気にする必要もないと思います。

利息は日割り計算になるので早く返すほど安くなります。消費者金融のキャッシングサービスはもともとこのような少しのお金を短期間借り入れるのに適したサービスになているのです。消費者金融のキャッシングには総量規制という借り入れの出来る金額に規制がかけられています。利用するひとの年収の3分の1までしか借りられないのです。

私の年収は200万円くらいなので消費者金融から借りられたとしても60万円程度ということになります。それでも日々の生活に必要なお金をちょっと借りるには充分すぎる金額です。パートやアルバイトで働いているかたでも消費者金融には申し込めますのでお金に困ったことがあったら消費者金融の利用を検討してみても良いと思います。

即日融資だから大丈夫と思っていたら・・・

最近の消費者金融のカードローンなんかは、即日融資してくれるのでまだまだ大丈夫でしょうと余裕ぶっていたのですが・・・気が付いたらお金が必要な日の二日前になっていました。

まったく時間がありません。

そして、ネットでちょっと見たところ、即日融資は確実ではなく案外日にちがかかる事もあるとか・・・焦りました。

とりあえず一番早そうな申し込み方法という事でネットでカードローンの申し込みをしました。

私はキーボードを打つのが遅いので、ここで思ったよりも時間がかかってしまいました。

何でもっと早くに申し込んでおかなかったのか後悔ばかりです。

ようやくすべてのところを埋めて送信、あとは審査結果を待つばかりです。

審査結果は最短三十分という事で、なんとか公式ホームページに書いてあった即日融資の為の締め切り時間に間に合いそうと思いましたが・・・審査結果がまったく送られてきません。

あんなに時間が長く感じたのは初めてでした。

結局申し込み終了が即日融資の時間期限に間に合わずに、私は翌日の融資となりました。

数日前、最低でも数時間前に申し込んでいたら即日融資してもらえたと思います。

本当に自分の楽天的な性格にガッカリです。

ですが、お金が必要な時間までには融資してもらえましたので、結果的には間に合いました。

間に合わなかったからといって命にかかわるような事では無いのですが、約束は守るに越した事無いので良かったです。

この次同じような事があった場合、今度は余裕を持って行動しようと思います。

残高を一旦リセット出来た時が借り換えタイミング

利息が低く限度額も大きくなることが出来そうなカードローンへの借り換えを考えるならば、現在借入しているカードローンを一旦リセット掛けられた、そのタイミングが最適だと思います。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制という年収の1/3までしか借入が出来ないというものがあります。それは、1社からではなく、契約している全ての金融機関からの借入総額でのことなのです。

その為、年収の1/3が150万円の場合、他社からの借入が50万円あった場合、別の消費者金融と契約しようと申し込む場合、限度額は残りの100万円が最高額となってしまうのです。

申込書にも、他社からの借入額を記載する欄があります。まずは自己申請となりますが、信用機関に確認を取れば分かることですので、虚偽は通りません。まずは、他社からの借入額が限りなくゼロに近い状態で、新たな借入先としたい消費者金融系カードローンへ申し込むことで、年収1/3の総量規制の満額を限度額とする契約が出来る可能性が出てくるのです。

より有利な借入先と契約することを考えるならば、他社からの借入が多くなってしまってからではなく、ボーナス時等で返済出来るタイミングで、出来る限りゼロに近づけるなどリセットを掛けたタイミングで、契約申込みをすることがベストだと考えます。

主婦のキャッシングについて

私は専業主婦ですが、クレジットカードを使い、キャッシングの利用をしています。あまりキャッシングと言うと、良い印象がないですが、私は非常に助かっています。出先で、お金が入り用な時は、ATMで簡単にキャッシングの利用ができます。後からお金がすぐに入ることがわかっている場合は、本当に助かりますね。

支払方法も、一括だけでなく、リボ払いもできるのが非常に助かります。生活費などは、特にいつどれくらいの費用がかかるのか前もってわかりませんよね。家族に頼んでも、誰もその時にお金がないということもありました。

親戚や友人には簡単には借りることはできませんので、キャッシングサービスは、きちんと利用計画を立てて使えば、主婦にとって、非常に助かるものだと言えるでしょう。