キャッシングの返済方法には金融業者の特徴が出る

キャッシングの申込方法だけでなく、借入や返済方法が多様化した結果として、金融業者ごとに特徴が出るようになりました。

金利設定が大きく変わらない消費者金融では、僅かな1%未満の金利差よりも、返済方法の多様化と使いやすさを中心に選んだ方が、総返済額を減らせる可能性があります。

専用ATMだけでなくコンビニATMでも借入と返済が出来るようになりましたが、提携ATM利用手数料は金融業者によりバラバラな現状があります。

常に一括返済をしている人ならば大した金額になりませんが、1回216円の提携ATM利用手数料であっても、年12回利用すれば2,592円と無視できない金額となります。

随時返済と約定返済を組み合わせると返済回数は更に増えるので、手数料だけでも4,000円以上となっても不思議ではありません。