キャッシングで延滞をするとでてしまうペナルティー

キャッシングでお金を返済し忘れると、大きな損失を負うということを知っていますか?

ちょっとくらい遅れてもいいやと思っていると、大きな痛手を負うようなこともあったりします。

どんなことが起こるのでしょうか?

1 遅延損害金の発生

 返済期日を過ぎると、どこの会社であっても基本として遅延損害金という名の損害金を支払うようになっています。

遅延損害金の計算方法としては、借入残高×遅延損害金の利率(年率)÷365日×延滞日数という感じになります。

会社によって利率は異なりますが、最大で20%とくらいの損害金を取られることになります。

また、延滞日数は「返済期日の翌日から支払完了日」までの日数となっているのが一般的ですので

返済は遅れないようにしないといけません。

2 借り入れができなくなったり、ローンなどの審査にも影響が出る

 また、返済が滞るとその会社では新しくお金を借りられなくなります。

返済をしてくれな胃のにお金を貸してくれといってもそんな都合のいいことは許されません。

困ったときであっても返済がされていなければ、お金を借りれないので急なときなどには特に困ったものです。

その他にもローンなどの新規の審査にも影響が出てきます。信用情報に延滞や長期延滞などの記録が残るからです。