契約先が貸金業法違反となった場合はどうなるの?

消費者金融のキャシングでは、過去に貸金業法違反が無いかを気にする方は少なくはありません。
大手消費者金融の場合、コンプライアンス遵守に力を入れており、法律違反というリスクはありません。
しかし、中小消費者金融の場合、契約時に説明不足や虚偽の説明、取立行為で処罰を受けることがあります。

では、契約先が貸金業法違反となり、業務停止または登録取り消しとなった場合、自分自身の契約にどのような影響があるのか心配になります。

結果としては、契約内容自体が貸金業法に違反していなければ、契約が無効になるものではありません。
闇金の場合は返済の義務がなくなり、出資法や利息制限法に抵触していた場合は超過した利息の返済が不要になるだけです。

つまり、返済自体に大きな影響が無くなりますが、中小消費者金融の場合は業務停止により財務状況の悪化が生じ破綻するリスクがあります。
その結果、契約者が注意することは契約先の変更すなわち債権譲渡先がどうなるかしっかりと把握することです。