レイクの無利息キャッシングを上手に利用しよう

新生銀行のカードローン「レイク」では、初めての契約時に30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息を選ぶことが出来ます。

30日無利息は、借入金額全額が30日間無利息となります。

180日間無利息は、契約額が1万円から200万円の方で借入金額のうちの5万円までが無利息で180日間利用できます。

契約金額が200万円以上の場合は30日間無利息のみとなり、200万円以下の時はどちらかを選択することになります。

レイクの無利息を利用する時の注意点として、契約時からの期間であり、お金を借りた日からの期間ではないということです。

例えば、4月1日に契約をした場合30日無利息期間は4月2日から5月2日までの間で、180日間無利息期間は4月2日から9月29日までです。

4月1日に契約をして4月5日にキャッシングしたとしたら、30日無利息期間は27日利用できて、180日無利息期間は177日利用出来る事になります。

なので、無駄な期間を作らないよう、レイクに申込みをする時は、本当にお金が必要な時に借りるようにしましょう。

借入金額と借入期間によってどちらを選ぶほうがお得になるかは違ってくるので、レイクの公式サイトのシュミレーション利用して確認してから利用しましょう。

プロミスのおまとめローンのメリットは?

プロミスは通常のキャッシングの他に借金のおまとめ、借り換え専用のおまとめローンがあります。おまとめローンは複数の金融業者から借り入れをしているのを一つにまとめるために利用するローンですが、プロミスのおまとめローンはどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

おまとめローンは通常のキャッシングをする時より審査が厳しいと言われているので融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまうのが一般的ですが、プロミスのおまとめローンは審査が即日回答なので即日融資を受ける事が出来ます。複数の金融業者から借り入れをしている時に早く一つにまとめたい時はすごくメリットになります。しかし即日融資を受けるには平日14時までに契約を完了させる事が条件になります。

・アルバイトでも利用する事が出来る

おまとめローンは審査が厳しい傾向があるのでアルバイトの利用は難しいと言われていますが、プロミスのおまとめローンは20歳以上65歳以下で安定した収入を得ていれば利用する事が可能なので条件に該当していればアルバイトでも利用する事が出来ます。アルバイトでも複数の金融業者から借り入れをした時に利用する事が出来るのでメリットになります。

キャッシングの返済のポイントとは

お金を借りる方法というのはいくつもあるのですが、その一つにキャッシングがあります。これは無担保であり、保証人なしで借りることが出来るのです。しかし、その分、お金の借り方としてはどうしても金利が高目、という側面があります。それは注意しておくべきでしょう。しかし、とにかく早く返すことによって、それを抑えることができるのです。それこそが返済のポイントであるといえます。返済には約定返済と随時返済というのがあるのですが、この随時返済というのをしつかりとやっていくことによって、かなり利息額を抑えることができるようになります。

これはとても大きな利点であるといえますから、しっかりと覚えておきましょう。キャッシングというのは、いざというときに本当に助かることになります。それはよいのですが、問題となるのはどこで借りるのか、ということです。とりあえずカードを発行してもらうところを決めましょう。基本的に極度方式貸付という方法をやっていますから、事前に持っていることがお勧めできるのです。まずは当たり前ですが金利が安いところを狙いましょう。そして、出来れば無利息期間があるところにすればなおのこと、よくなることでしょう。

三井住友銀行カードローンの返済方法について

都市銀行のうちの一つである三井住友銀行のカードローンは、申込から審査回答までの時間が最短で30分となっている商品特性があるので、すみやかにカードローンの契約をしたいという人にもおすすめできる大手銀行カードローンとなります。

三井住友銀行カードローンには多彩な申込方法が用意されているわけですが、カードローンを利用する上で契約や借り入れと同じくらい重要になるのが返済方法となります。三井住友銀行カードローンにはいくつの返済方法があるのでしょうか。

三井住友銀行カードローンでは、ATMを利用した返済・振込みによる返済・口座振替による返済と、3種類歩返済方法があります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

・ATM

三井住友銀行のATMやコンビニATM、ゆうちょ銀行のATMなどが利用可能です。なお三井住友銀行ATMやコンビニATMを利用した場合、三井住友銀行のキャッシュカードを利用しての返済も可能です。

・振込み

専用の口座への振込みをする方法となります。なお振込手数料は利用者負担となる点に注意が必要です。

・口座振替

利用残高に応じた約定金額が毎月約定日に自動で引き落としされます。なお約定金額は利用残高に応じて決まり、最も低いケースで、毎月1万円を返していくこととなります。なお最も高い場合は毎月7万円となります。