中小の消費者金融でも在籍確認がないところもある。

在籍確認は、中小の消費者金融だと借り入れをしてくる属性的にもなかなか信用がない人が多いものですから、在籍確認はしっかりとしてくるような会社ばかりのような感じがします。

ですが、在籍確認に関しては中小の消費者金融であってもないようにできるところもあります。

中小企業であっても、顧客の獲得のために独自でできる限りのサービスを展開している会社も多く、その中でも在籍確認なしで行えるような会社もあります。 借金がかなり危ない状況であっても誰にも相談できないような方には結構重宝されます。

会社とかにできればばれたくないようなケースであっても、中小でもそういったことをしなくてもいいように確認が取れる会社もありますので、色々さがしてみて、契約をもし混んでみるといいでしょう。

キャッシングの審査とは何か?

キャッシングする際に避けて通れないのが「審査」です。

一体何を調べるのか、ちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。

信用情報というのは過去に金融機関を使った場合に、その履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。

扱われている内容は大きく三つあります。

1・個人を特定する目的の情報

氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号など

2・契約に関わる情報

借入日とその金額、入金履歴、その残高、完済日など

ほかの金融機関から借入がある場合は、この履歴も審査の対象となります。

3・事故情報

返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴情報

こういった情報を元に、キャッシングの可否が決められます。

しかし、実際は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないで、ブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらって、高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。

専業主婦のためのカードローン口座

まだ子供が小さいからパートに行けないママさんでも、お金が必要な時があります。
ご主人の甲斐性があれば問題ありませんが、ご主人に「今月生活費が足りないからピンチだよ」とはなかなか言えないです。
そこで給料日まで2~3万円借りられたらという時に役に立つのがカードローンです。
しかし本人に収入のない専業主婦は、法律で借りられる金融機関が限定されているのです。

専業主婦が基本的に唯一借りられるのが、銀行カードローンです。
銀行カードローンは総量規制の対象外のため、収入のない専業主婦でも借りられます。
もちろんご主人の同意や収入を証明する書類の提出も不要で、ご主人に内緒で借りられます。
それに20~30万円までしか貸してもらえないので、借り過ぎるという心配もありません。
どうしてもお金が必要なら、銀行カードローンに頼ってはいかがでしょうか?

主婦でもキャッシング出来るの?

主婦という立場でもキャッシングを申し込んで融資を受けることが出来るのでしょうか?

この場合、主婦でもいろいろな立場があるということを考えておきましょう。
専業主婦で、個人としてまったく収入がない人や、パートやアルバイトで収入がある主婦もいらっしゃることでしょう。
この場合、パートやアルバイトで比較的安定した収入がある人はどのキャッシング会社からも融資を受けれる可能性が高いでしょう。
しかしその場合、最初の融資額は少ないでしょう。では専業主婦の方はどうすればよいでしょうか?
この場合、夫に安定した収入があるかどうかが関係してきます。
もし夫に安定した収入があれば融資を銀行系のキャッシング会社から受けることが出来るでしょう。

キャッシングの本人確認書類の提出を運転免許証にすると審査が有利になる

キャッシングを利用する時に本人確認書類の提出が義務付けられています。
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されますが、提出するものによって審査に影響してくる事もあるのでしっかり覚えておきましょう。

本人確認書類を提出する時に運転免許証、健康保険証、パスポートのどれかを提出すればいいのですが、審査の時に有利になるのは運転免許証です。
運転免許証は本人確認書類でもありますが、車を運転する技能があるという証明にもなるので信頼性の高くなる傾向があります。
そのため運転免許証を本人確認書類で提出すると審査が可決されやすくなるので本人確認書類を提出する時は出来るだけ運転免許証を提出するようにしましょう。
また住所の変更があった場合は運転免許証を提出する前に申請しておきましょう。

おまとめローンで多重債務解消を目指す

借入金を決められた返済日までにきちんと返すのはキャッシング利用の基本ですが、何らかの理由により複数社から借り入れをしてしまうと返済日を管理すること自体が難しくなってしまいます。バラバラの返済日を把握する必要がありますし、いちいち振り込みをする手間もかかってしまいます。多重債務というのは単に借金が高額になってしまうというだけではなく、返済手続きそのものに関する負担も増してしまうのです。

多重債務の返済管理にお悩みの方にお勧めなのが「おまとめローン」です。おまとめローンとは複数社からの借り入れを一本化するための専用ローンプランで、手間のかかる多重債務状態を解消することができる便利なローンです。

おまとめローンでは借入金を利用してすべてのキャッシング業者の債務を一括で清算し、その後はおまとめローンの返済のみを行っていきます。複雑な多重債務状態を解消することで返済に伴う管理コストを最小限に抑えられるだけでなく、かさみがちな金利負担も圧縮することができます。

おまとめローンの利用には一般のキャッシングと同様に審査が行われますが、毎月定期的な収入があってきちんと返済してきた実績があるのなら問題なく通過することができます。多重債務状態を解消して自分の借金総額を把握しやすくなりますから、より計画的に返済していくことができるのもおまとめローンの魅力です。

注意しなければいけないのは、おまとめローンを利用しただけで返済した気持ちにならないようにすることです。多重債務状態が解消されたことでほっとする気持ちはわかりますが、おまとめローンの返済はまだ残ったままです。安心するのはおまとめローンを完済してからにしましょう。

主婦は消費者金融でキャッシングをすることができるか

主婦の女性もいろいろなことでお金が必要になるので、キャッシングをすることが少なくありません。そして主婦は基本的に銀行カードローンを利用して借入をしています。その理由として消費者金融は総量規制の対象となっているので、主婦の女性は借入しにくいからです。

そこで主婦の女性は消費者金融を利用してお金を借りることができるのかが気になるところですが、それは可能です。なぜなら総量規制の問題をクリアするためには借入をする人の収入面や勤務先の勤続期間などの属性を改善すればいいからです。

そして主婦といっても会社などに勤務して仕事をして収入を得ている人であればまず問題なく消費者金融で融資を受けることができます。またパートやアルバイトをしている主婦でもレギュラーとして勤務していればまず審査に落とされることはないでしょう。

これに対して仕事をしてない専業主婦はどうなのかというと旦那に協力してもらって配偶者貸付を利用することでキャッシングをすることができます。

残高を一旦リセット出来た時が借り換えタイミング

利息が低く限度額も大きくなることが出来そうなカードローンへの借り換えを考えるならば、現在借入しているカードローンを一旦リセット掛けられた、そのタイミングが最適だと思います。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制という年収の1/3までしか借入が出来ないというものがあります。それは、1社からではなく、契約している全ての金融機関からの借入総額でのことなのです。

その為、年収の1/3が150万円の場合、他社からの借入が50万円あった場合、別の消費者金融と契約しようと申し込む場合、限度額は残りの100万円が最高額となってしまうのです。

申込書にも、他社からの借入額を記載する欄があります。まずは自己申請となりますが、信用機関に確認を取れば分かることですので、虚偽は通りません。まずは、他社からの借入額が限りなくゼロに近い状態で、新たな借入先としたい消費者金融系カードローンへ申し込むことで、年収1/3の総量規制の満額を限度額とする契約が出来る可能性が出てくるのです。

より有利な借入先と契約することを考えるならば、他社からの借入が多くなってしまってからではなく、ボーナス時等で返済出来るタイミングで、出来る限りゼロに近づけるなどリセットを掛けたタイミングで、契約申込みをすることがベストだと考えます。

主婦のキャッシングについて

私は専業主婦ですが、クレジットカードを使い、キャッシングの利用をしています。あまりキャッシングと言うと、良い印象がないですが、私は非常に助かっています。出先で、お金が入り用な時は、ATMで簡単にキャッシングの利用ができます。後からお金がすぐに入ることがわかっている場合は、本当に助かりますね。

支払方法も、一括だけでなく、リボ払いもできるのが非常に助かります。生活費などは、特にいつどれくらいの費用がかかるのか前もってわかりませんよね。家族に頼んでも、誰もその時にお金がないということもありました。

親戚や友人には簡単には借りることはできませんので、キャッシングサービスは、きちんと利用計画を立てて使えば、主婦にとって、非常に助かるものだと言えるでしょう。

担保を出すと審査に通りやすくなる

キャッシングの審査に通らないときできることというと、担保を提供するというのが1つの方法になります。担保は、いろいろなものがありえますが、多くの人が所有している車なんかは適当かもしれません。借り入れ金額にもよりますけど、ある程度高価なものでないと、担保としての価値や魅力が落ちます。だから、車を持っていれば車が適当ではないか?と思います。

車を担保にするということは、最悪の場合は車を失うこともあるので、絶対に返せる自信がない場合にはやらない方が良いでしょう。ただ、担保を利用すると、本来借りられなかったお金が借りられる可能性があるということになるので、いざというときのために知っておくべきでしょう。

借りられない理由は、返済が期待できないという理由が主になるので、担保があれば、最悪それを換金すれば良いわけですし、借り入れ金額とその担保の評価額がちゃんとバランスがとれているのならば、返済してもらえなくてもキャッシング会社としても損失はありません。

だからこそ、信用を挙げる材料として担保を提供するのは1つの作戦としては使えると思います。1番良いのは問題なく返済をすることですし、担保を出しても、それを使わずに毎回返済していければ、信用もどんどん上がっていくでしょう。