おまとめローンで多重債務解消を目指す

借入金を決められた返済日までにきちんと返すのはキャッシング利用の基本ですが、何らかの理由により複数社から借り入れをしてしまうと返済日を管理すること自体が難しくなってしまいます。バラバラの返済日を把握する必要がありますし、いちいち振り込みをする手間もかかってしまいます。多重債務というのは単に借金が高額になってしまうというだけではなく、返済手続きそのものに関する負担も増してしまうのです。

多重債務の返済管理にお悩みの方にお勧めなのが「おまとめローン」です。おまとめローンとは複数社からの借り入れを一本化するための専用ローンプランで、手間のかかる多重債務状態を解消することができる便利なローンです。

おまとめローンでは借入金を利用してすべてのキャッシング業者の債務を一括で清算し、その後はおまとめローンの返済のみを行っていきます。複雑な多重債務状態を解消することで返済に伴う管理コストを最小限に抑えられるだけでなく、かさみがちな金利負担も圧縮することができます。

おまとめローンの利用には一般のキャッシングと同様に審査が行われますが、毎月定期的な収入があってきちんと返済してきた実績があるのなら問題なく通過することができます。多重債務状態を解消して自分の借金総額を把握しやすくなりますから、より計画的に返済していくことができるのもおまとめローンの魅力です。

注意しなければいけないのは、おまとめローンを利用しただけで返済した気持ちにならないようにすることです。多重債務状態が解消されたことでほっとする気持ちはわかりますが、おまとめローンの返済はまだ残ったままです。安心するのはおまとめローンを完済してからにしましょう。

主婦は消費者金融でキャッシングをすることができるか

主婦の女性もいろいろなことでお金が必要になるので、キャッシングをすることが少なくありません。そして主婦は基本的に銀行カードローンを利用して借入をしています。その理由として消費者金融は総量規制の対象となっているので、主婦の女性は借入しにくいからです。

そこで主婦の女性は消費者金融を利用してお金を借りることができるのかが気になるところですが、それは可能です。なぜなら総量規制の問題をクリアするためには借入をする人の収入面や勤務先の勤続期間などの属性を改善すればいいからです。

そして主婦といっても会社などに勤務して仕事をして収入を得ている人であればまず問題なく消費者金融で融資を受けることができます。またパートやアルバイトをしている主婦でもレギュラーとして勤務していればまず審査に落とされることはないでしょう。

これに対して仕事をしてない専業主婦はどうなのかというと旦那に協力してもらって配偶者貸付を利用することでキャッシングをすることができます。

残高を一旦リセット出来た時が借り換えタイミング

利息が低く限度額も大きくなることが出来そうなカードローンへの借り換えを考えるならば、現在借入しているカードローンを一旦リセット掛けられた、そのタイミングが最適だと思います。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制という年収の1/3までしか借入が出来ないというものがあります。それは、1社からではなく、契約している全ての金融機関からの借入総額でのことなのです。

その為、年収の1/3が150万円の場合、他社からの借入が50万円あった場合、別の消費者金融と契約しようと申し込む場合、限度額は残りの100万円が最高額となってしまうのです。

申込書にも、他社からの借入額を記載する欄があります。まずは自己申請となりますが、信用機関に確認を取れば分かることですので、虚偽は通りません。まずは、他社からの借入額が限りなくゼロに近い状態で、新たな借入先としたい消費者金融系カードローンへ申し込むことで、年収1/3の総量規制の満額を限度額とする契約が出来る可能性が出てくるのです。

より有利な借入先と契約することを考えるならば、他社からの借入が多くなってしまってからではなく、ボーナス時等で返済出来るタイミングで、出来る限りゼロに近づけるなどリセットを掛けたタイミングで、契約申込みをすることがベストだと考えます。

主婦のキャッシングについて

私は専業主婦ですが、クレジットカードを使い、キャッシングの利用をしています。あまりキャッシングと言うと、良い印象がないですが、私は非常に助かっています。出先で、お金が入り用な時は、ATMで簡単にキャッシングの利用ができます。後からお金がすぐに入ることがわかっている場合は、本当に助かりますね。

支払方法も、一括だけでなく、リボ払いもできるのが非常に助かります。生活費などは、特にいつどれくらいの費用がかかるのか前もってわかりませんよね。家族に頼んでも、誰もその時にお金がないということもありました。

親戚や友人には簡単には借りることはできませんので、キャッシングサービスは、きちんと利用計画を立てて使えば、主婦にとって、非常に助かるものだと言えるでしょう。

担保を出すと審査に通りやすくなる

キャッシングの審査に通らないときできることというと、担保を提供するというのが1つの方法になります。担保は、いろいろなものがありえますが、多くの人が所有している車なんかは適当かもしれません。借り入れ金額にもよりますけど、ある程度高価なものでないと、担保としての価値や魅力が落ちます。だから、車を持っていれば車が適当ではないか?と思います。

車を担保にするということは、最悪の場合は車を失うこともあるので、絶対に返せる自信がない場合にはやらない方が良いでしょう。ただ、担保を利用すると、本来借りられなかったお金が借りられる可能性があるということになるので、いざというときのために知っておくべきでしょう。

借りられない理由は、返済が期待できないという理由が主になるので、担保があれば、最悪それを換金すれば良いわけですし、借り入れ金額とその担保の評価額がちゃんとバランスがとれているのならば、返済してもらえなくてもキャッシング会社としても損失はありません。

だからこそ、信用を挙げる材料として担保を提供するのは1つの作戦としては使えると思います。1番良いのは問題なく返済をすることですし、担保を出しても、それを使わずに毎回返済していければ、信用もどんどん上がっていくでしょう。

消費者金融と審査の特徴について

キャッシングを利用できる金融機関には銀行と消費者金融などがあります。それぞれに特徴がありますが、なかでも大きな違いの1つに審査があり、審査基準の差で審査に通るかどうかが決まるケースは多いです。

消費者金融の審査は比較的通りやすいとされていますが、消費者金融の数は現在では非常に多く、それぞれ通りやすさには違いがあることも少なくありません。

アルバイト、パートなどであってもお金を借りられる時代ではありますが、それでも勤続年数や収入を重要視するところは今でも多いため、人によってはより審査の甘いところを探したほうが良いです。自営業者の場合は、安定した収入が定期的に入っているかが重要視されます。ちなみに消費者金融側が自営業者用のサービスを提供している事もあります。

消費者金融は大抵、ホームページを使ってサービス紹介しているので事前にそちらから基本的な情報を仕入れておきましょう。もちろん口コミサイトなどで得られる情報が有益なこともあります。ただしそういったサイトで得られる情報の信ぴょう性は個人で判断しましょう。複数の情報を照らし合わせると、情報の信ぴょう性を測りやすいです。

ちなみに、審査はスピードにも違いが有り、早いところなら数十分から数時間程度で審査結果がわかります。

キャッシングの限度額は、総量規制で決まります

カードローンを利用したキャッシングの申込みを考える際に、重要になってくるのが、どれだけ借りられるのか、限度額の設定だと思います。所謂消費者金融系のカードローンでは、年収の1/3迄しか貸し出せないことが、貸金業法の総量規制というものによって、決められています。つまり、どんなに沢山借りたくても、限度額は、年収によって決まってしまうのです。

この貸金業法の総量規制は、返済不能に陥り、自己破産やその他の事故が起きるケースを低減させる為に作られた法律で、その成果は上がっているようですので、庶民を苦しめるばかりの物ではないようです。

又、この総量規制とは、1社からの借入額ではなく、いくつかの会社から借入している場合には、その合計金額が対象になるので、注意が必要です。

しかし、年収の1/3以上の限度額が欲しいと思う方も、少なくないと思います。限度額は大きい方が、安心感も大きくなると思います。ただし、計画的な利用を心掛けた利用をする場合に限ります。

そういった、年収の1/3にとらわれない限度額設定が得られるのが、銀行系のカードローンです。銀行系のカードローンですと、安定した収入がある方でしたら、限度額300万円ほどを得ることが出来る場合があります。又、限度額300万円までの申込みの場合には、収入証明を不要としているものも多くあります。

何故、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なのかというと、銀行は貸金業法ではなく、銀行法に基づいているからです。

同じようにお金を貸し出しているのに、不思議なものです。自己破産やその他の事故を低減させる為でしたら、銀行法にも総量規制があっても良い筈です。

しかし、借りられる間は、ありがたい事に違いはありません。年収に関わらず、より大きな限度額を得ようとお考えであれば、銀行系のカードローンをお薦めします。