カードローン会社をよくよく検討すること

カードローンというのは、色々な業者がやっていますから比較してみるとよいでしょう。銀行系とそうでないところ、ということから選り分けてみると良いでしょう。そうすることによって、少しでも金利で貸してくれるところが見付かることでしょう。当たり前ではあるのですが何処でもよいというわけではありませんし、何処でも貸してくれるわけではないです。

そのあたりが難しい判断を迫られることになります。検討するべきこととしては金利があるのは確かではあるのですが、低金利のところはなかなか貸してくれない、カードを発行してくれない、ということになりますから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。難しいですがお金を借りる時には考えるべき点といえるでしょう。

ちなみにカードローンのカードは基本的に持っていることにデメリットはないです。ですから、とりあえず発行してもらっておくと良いでしょう。そうすれば上手く活用できるようになるでしょう。

キャッシング初心者の学生が陥る罠

最近はクレジット一体型のカードが多いですが、キャッシュ機能を何も考えずにつけてしまうとリスクが大きくなります。例えば毎日使うポイントカードなどや銀行のカードにキャッシュ機能をつける時は本当に管理できるか考えなくてはなりません。

また、キャッシュカードを無意味に複数もつことはお勧めしません。ではどうすれば安全に利用できるでしょうか。

クレジットカードとポイントカードを分けましょう。そして、クレジットカードは一つにして使わない時は適切な場所に保管しましょう。

特に、最近気をつけなくてはいけないと思ったのはTカードです。Tカードは定期的に更新する上、その度に手数料が無くなるという釣り餌でキャッシュ機能の付与を勧めてきます。たかが数百円のために、クレジットカードの不正利用のリスクを高めるというのはあまり良いことだとは思えません。

また、すでにあるポイントカードのキャッシュ機能必要ない場合は、キャッシュ幅を0に設定して、不正利用されないようにしましょう。

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利です。しかし、間違った使い方をすれば、不正利用されたり、または銀行からの信頼を失い再発行が出来なくなるというリスクもあります。その上で正しい利用法を身につけるということが学生のうちに必要なのではないでしょうか。

キャッシングの比較検討にインターネットを活用しよう

キャッシングを利用するに当たって、利用する会社は慎重に選ばなくてはなりません。キャッシング会社を比較検討する際に、最も役に立つのがインターネットでしょう。

例えば、キャッシング会社の公式ホームページには、利用者の声を掲載しているところもあります。しかし、あくまでも宣伝であるため、長所ばかりが全面的に押し出されているところがほとんどです。実際に利用した方の中には、「こういったところがちょっと…」といったような不満の声もあるはずです。もちろん、「ここが良かった」という喜びの声もあるはずです。

インターネットではキャッシング会社ごとに口コミを紹介していたり、人気ランキングを掲載しているところも数多くあります。いくら知名度がある会社だからといって、それが自分が求めているキャッシングの理想に近いとは限りません。口コミやランキングサイトを利用すれば、ありのままの利用者の声を聞くことができるというのは大きなメリットです。

長所も短所も踏まえながら、より良いキャッシング会社を選んでこそ、キャッシングに対する不安を取り除き、安心して利用できることにつながります。キャッシング会社の比較検討にはインターネットを最大限に活用して、情報収集してみることをオススメします。

りそな銀行のカードローンの共通する特徴

メガバンクの一つであるりそな銀行はプレミアムカードローンという商品とクイックカードローンという商品と2種類ものカードローンの取扱いをしていて、それぞれの商品に魅力的な特徴があります。

それぞれのカードローンには違いがある一方で、共通している特徴もあるので、それらについて解説を行います。

・共通する特徴について

りそな銀行のカードローンは種類の関係なくインターネットでの申し込みが可能であり、来店不要での契約が可能となっています。またりそな銀行の普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が加わる形となるので、すでにりそな銀行のキャッシュカードを持っている人ならば、新たにカードの受領をする必要がなく、窓口に足を運ぶ必要なく契約ができるという特徴があるのです。

またりそな銀行の普通預金口座から税金や公共料金などの引き落とし設定をしている場合、カードローンはさらに便利な機能を発揮してくれます。

もしも引き落としの際に残高が不足している場合、不足分を自動的に融資してくれ、残高不足での引き落とし不能を防いでくれる機能があるのです。この機能があればうっかり忘れをしていてもお金がなくて困っている時でも、引き落とし不能という最悪の事態を避けることができるのです。

即日融資だから大丈夫と思っていたら・・・

最近の消費者金融のカードローンなんかは、即日融資してくれるのでまだまだ大丈夫でしょうと余裕ぶっていたのですが・・・気が付いたらお金が必要な日の二日前になっていました。

まったく時間がありません。

そして、ネットでちょっと見たところ、即日融資は確実ではなく案外日にちがかかる事もあるとか・・・焦りました。

とりあえず一番早そうな申し込み方法という事でネットでカードローンの申し込みをしました。

私はキーボードを打つのが遅いので、ここで思ったよりも時間がかかってしまいました。

何でもっと早くに申し込んでおかなかったのか後悔ばかりです。

ようやくすべてのところを埋めて送信、あとは審査結果を待つばかりです。

審査結果は最短三十分という事で、なんとか公式ホームページに書いてあった即日融資の為の締め切り時間に間に合いそうと思いましたが・・・審査結果がまったく送られてきません。

あんなに時間が長く感じたのは初めてでした。

結局申し込み終了が即日融資の時間期限に間に合わずに、私は翌日の融資となりました。

数日前、最低でも数時間前に申し込んでいたら即日融資してもらえたと思います。

本当に自分の楽天的な性格にガッカリです。

ですが、お金が必要な時間までには融資してもらえましたので、結果的には間に合いました。

間に合わなかったからといって命にかかわるような事では無いのですが、約束は守るに越した事無いので良かったです。

この次同じような事があった場合、今度は余裕を持って行動しようと思います。

女性がキャッシングに申し込む方法

消費者金融を始めて利用してみたのですが、判らないことばかりだっので申し込みをする前にネットを使い私になりに調べてみました。

まず最初に消費者金融への申し込み方法には大きく別けて4通りあることが判りました。一つは実際にある消費者金融の店舗にいく方法。二つめは自動契約機が置いてある無人店舗を利用する方法。三つめは電話。そして四つめはインターネットです。この四つのなかで私が利用したのは三つめの電話と四つめのインターネットです。

勤めている会社の最寄り駅の前にも消費者金融の店舗はあります。でも20代のOLがひとりで消費者金融のお店に入っていくところを知らないひとでも誰かに見られるのはちょっと嫌だったので一つ目は利用しませんでした。二つめの無人店舗に行くのも同様の理由とちょっと怖かったので止めました。

そして私が選んだのが電話とインターネットを利用する申し込み方法です。消費者金融の申し込みや審査方法について知りたいことがあったので最初に電話をして訊ねました。女性専用の電話回線が用意してあったのでそこに電話をして判らないところを質問させてもらいました。

相手のオペレーターさんも女性で安心して訊ねることができました。この電話で消費者金融を利用することの不安がだいぶ解消されました。そして実際の申し込みは自分の部屋からパソコンを使い行いました。自分の部屋からだったので落ち着いて作業することができました。

最初に電話でいろいろなことを聞いていたので特に不安もなく申し込みできました。女性のなかには私と同じように消費者金融のお店に行くことに少し抵抗を感じる方もいると思います。そのような方には女性専用電話を利用したりインターネットで申し込みをするのが楽で良いと思います。

即日でキャッシングできる理由とは?

緊急事態が起きてお金が急に必要になった時、消費者金融や銀行のカードが即日で作成でき、お金を借りることができるのは大変ありがたいものです。

最近のキャッシングサービスは1時間以内で審査から融資まで終えてまうという、最短で融資してもらえるのはどうしてなのでしょうか?

以前は融資をする場合も、申請された情報に目を通し融資をするかどうかを決める必要がありました。

現在では、全部パソコン末端からWeb経由で必要項目を記入し、必要な書類も添付して送ることができるので、店舗へ来店しなくても最短での融資が可能になっているうえ、技術も進みシステムからはじき出された情報を見ることで、最短時間での融資が可能になりますます便利になっています。

借り入れる側のメリットとしては、いちいち店舗へ来店する必要もないので、店舗へ向かうところを家族や知り合いに見つかることもなく、自宅にいながらキャッシングすることができますし、返済したい場合にはコンビニのATMで買い物のついでに返済することもでき大変便利です。

ですが、手軽かつ気軽な分ついいつい誘惑に負けてしまい、予定より借りすぎてしまうこともありますが、借りる前にいつまでに返済するなどの計画を立ててから、借り入れすることをオススメします。