キャッシング初心者の学生が陥る罠

最近はクレジット一体型のカードが多いですが、キャッシュ機能を何も考えずにつけてしまうとリスクが大きくなります。例えば毎日使うポイントカードなどや銀行のカードにキャッシュ機能をつける時は本当に管理できるか考えなくてはなりません。

また、キャッシュカードを無意味に複数もつことはお勧めしません。ではどうすれば安全に利用できるでしょうか。

クレジットカードとポイントカードを分けましょう。そして、クレジットカードは一つにして使わない時は適切な場所に保管しましょう。

特に、最近気をつけなくてはいけないと思ったのはTカードです。Tカードは定期的に更新する上、その度に手数料が無くなるという釣り餌でキャッシュ機能の付与を勧めてきます。たかが数百円のために、クレジットカードの不正利用のリスクを高めるというのはあまり良いことだとは思えません。

また、すでにあるポイントカードのキャッシュ機能必要ない場合は、キャッシュ幅を0に設定して、不正利用されないようにしましょう。

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利です。しかし、間違った使い方をすれば、不正利用されたり、または銀行からの信頼を失い再発行が出来なくなるというリスクもあります。その上で正しい利用法を身につけるということが学生のうちに必要なのではないでしょうか。