キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利

私がカードローンを使うようになったのは夫の消費癖がひどかったからです。

初めは私の独身時代の貯金から生活費を当てていましたが貯金も底を尽きてしまいました。

元々クレジットカードから光熱費やガソリン代などは引いていたのでリボ払いで乗り切っていました。

そのリボ払いがどんどん溜まりその支払いをする為にもキャッシングに手を出していきました。

キャッシングは以前にも1度使っていた過去があります。

その時は返すあてもありました。実際に滞りなく返済出来ました。

一時的な出費だったのでキャッシング出来たことはとても助かりました。しかし、返すあてのない生活費にキャッシングを使うのはかなり危険だと思います。

実際に生活費をキャッシングし、返済と生活費がどんどん重なっていくことで借金が雪だるま式に膨らんでいきます。計画的に使用しないと借金がどうしようもなく膨らんでいきます。計画性が必要だと感じました。

キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利だと思います。しかし生活費にあてるのは危険です。返すあてのない借金はしないで下さい。そして家族であってもカードは貸さないで下さい。

これからクレジットカードを作ろうという人は参考にしてください。

レイクなら銀行と消費者金融の2つの特徴を併せ持つ

ある程度の年齢以上の人ならば、レイクが消費者金融出身ということは良く知られています。改正貸金業法が完全施行される前に、新生銀行へ吸収されて業態転換を図ったことから、現在は銀行カードローンとしてレイクブランドを引き継いで営業を行なっています。銀行カードローンは、インターネット経由での申し込みが一般的となっていますが、レイクについては銀行カードローンには珍しく自動契約機コーナーを持っています。テレビ窓口を持つ銀行は他にもありますが、全国に自動契約機コーナーを設置している銀行カードローンはレイク以外に例が無いでしょう。

銀行カードローンとしては、金利設定は利息制限法で定められた上限金利ギリギリと高いものの、銀行法に基づいた営業を行っているので総量規制対象外です。年収の1/3を超える金額の貸付が可能となっているので、消費者金融からは借りられない状況に陥っている人であっても、レイクならばと申し込みが行われるわけです。銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも一般的には厳しいとされていますが、レイクの柔軟性ある審査には定評があるので、真面目に返済を続けようと考えている人や、おまとめローン代わりに利用しようと考えている人に人気です。