専業主婦のためのカードローン口座

まだ子供が小さいからパートに行けないママさんでも、お金が必要な時があります。
ご主人の甲斐性があれば問題ありませんが、ご主人に「今月生活費が足りないからピンチだよ」とはなかなか言えないです。
そこで給料日まで2~3万円借りられたらという時に役に立つのがカードローンです。
しかし本人に収入のない専業主婦は、法律で借りられる金融機関が限定されているのです。

専業主婦が基本的に唯一借りられるのが、銀行カードローンです。
銀行カードローンは総量規制の対象外のため、収入のない専業主婦でも借りられます。
もちろんご主人の同意や収入を証明する書類の提出も不要で、ご主人に内緒で借りられます。
それに20~30万円までしか貸してもらえないので、借り過ぎるという心配もありません。
どうしてもお金が必要なら、銀行カードローンに頼ってはいかがでしょうか?

主婦でもキャッシング出来るの?

主婦という立場でもキャッシングを申し込んで融資を受けることが出来るのでしょうか?

この場合、主婦でもいろいろな立場があるということを考えておきましょう。
専業主婦で、個人としてまったく収入がない人や、パートやアルバイトで収入がある主婦もいらっしゃることでしょう。
この場合、パートやアルバイトで比較的安定した収入がある人はどのキャッシング会社からも融資を受けれる可能性が高いでしょう。
しかしその場合、最初の融資額は少ないでしょう。では専業主婦の方はどうすればよいでしょうか?
この場合、夫に安定した収入があるかどうかが関係してきます。
もし夫に安定した収入があれば融資を銀行系のキャッシング会社から受けることが出来るでしょう。

キャッシングで延滞をするとでてしまうペナルティー

キャッシングでお金を返済し忘れると、大きな損失を負うということを知っていますか?

ちょっとくらい遅れてもいいやと思っていると、大きな痛手を負うようなこともあったりします。

どんなことが起こるのでしょうか?

1 遅延損害金の発生

 返済期日を過ぎると、どこの会社であっても基本として遅延損害金という名の損害金を支払うようになっています。

遅延損害金の計算方法としては、借入残高×遅延損害金の利率(年率)÷365日×延滞日数という感じになります。

会社によって利率は異なりますが、最大で20%とくらいの損害金を取られることになります。

また、延滞日数は「返済期日の翌日から支払完了日」までの日数となっているのが一般的ですので

返済は遅れないようにしないといけません。

2 借り入れができなくなったり、ローンなどの審査にも影響が出る

 また、返済が滞るとその会社では新しくお金を借りられなくなります。

返済をしてくれな胃のにお金を貸してくれといってもそんな都合のいいことは許されません。

困ったときであっても返済がされていなければ、お金を借りれないので急なときなどには特に困ったものです。

その他にもローンなどの新規の審査にも影響が出てきます。信用情報に延滞や長期延滞などの記録が残るからです。

多重債務で悩んでいるならおまとめローンを

キャッシングを利用している人の中には、複数の業者から借入をしているという人もいるでしょう。
返済ができている間は問題がありませんが、毎月の返済が大変だと感じるようになってきたら、おまとめローンを考えてみる事が有効です。
おまとめローンは、複数の業者からの借入をひとつにまとめるサービスで、利用をすれば返済日が月に1日になるだけでなく、一般的なキャッシングよりも金利が下がる事で人気となっています。
そして、月々の返済額も無理のない金額に変わる事が多く、返済が大変と感じているのであれば、おまとめローンを利用しておいて損はありません。
現在は、消費者金融であっても、以前のような強引な取り立ては行っていませんが、返済ができない状態が続くと、延滞損害金が発生する事になります。

更に、返済の遅れが続くと、一括返済を求められる事になります。
月々の返済も大変な状態で、一括返済をするというのは簡単な事ではありません。
債務整理等を選ぶという方法もありますが、最もデメリットが少ないと言われる任意整理であっても信用情報に傷がつきます。
それに対して、おまとめローンの場合は、信用情報に影響がないというメリットがあります。
ですから、多重債務で悩んでいるなら、おまとめローンの活用がおすすめです。