キャッシングの審査とは何か?

キャッシングする際に避けて通れないのが「審査」です。

一体何を調べるのか、ちょっと不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。

信用情報というのは過去に金融機関を使った場合に、その履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。

扱われている内容は大きく三つあります。

1・個人を特定する目的の情報

氏名・生年月日・性別・電話番号・勤務先・勤務先の電話番号など

2・契約に関わる情報

借入日とその金額、入金履歴、その残高、完済日など

ほかの金融機関から借入がある場合は、この履歴も審査の対象となります。

3・事故情報

返済期日から滞納している日数、金額、そして解消されたかどうか、自己破産、債務整理などの履歴情報

こういった情報を元に、キャッシングの可否が決められます。

しかし、実際は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないで、ブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらって、高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。

現金をすぐに調達できるキャッシング

必要になったお金を時間をかけずにすぐに調達できる手段としてキャッシングの利用があります。

キャッシングの場合、申し込みをする手間もそれほどかからず、審査の結果が分かるまでそれほどの時間を取られることがないので、キャッシングの申し込みから実際に返金を手に入れるまでの過程をその日のうちに済ませることができます。

また、キャッシングは申し込みの方法も多岐にわたっており店頭での申し込みのほか、無人契約機やWEB上での申し込みにも対応しています。

時間や場所を問わずにキャッシングの申し込みをすることができるのです。

そのため、急にお金が必要になったとしてもいずれかの方法で申し込みをすればすぐに現金を調達することができ慌てずに済みます。

総量規制対象外の目的別ローンを利用するならどこがおすすめ?

目的別ローンは総量規制の対象外なので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能です。そして、一般のキャッシングを利用するより金利が優遇されるので、これも目的別ローンの魅力だと言えるでしょう。

ただし、その名前の通り、何かの目的の為にお金を借りることになります。例えば冠婚葬祭の費用やレジャー費用、学校の入学金や授業費、入院費や免許の取得の為など、様々な目的に応じた借り入れを行うことができます。そのような目的があってお金が必要な場合には、フリーキャッシングではなく、目的別ローンを利用できないかキャッシング会社まで相談してみてください。

大手消費者金融では、プロミスとアイフルでこの目的別ローンを用意しています。プロミスでは最高300万円までの借り入れが可能で、金利は6.3~16.5%です。アイフルでは目的別に借りられる上限金額や金利が異なり、上限金額は50~100万円、金利は9.8~17.0%となっています。

この数字だけを見るとプロミスの方が利用しやすいように見えますが、アイフルの方が多くの目的に対応しているので、50万円や100万円で足りる目的の場合は、まずはプロミスにその目的で借りられるかを尋ねて、無理だった時にはアイフルの利用を考えてみてはどうでしょう。どちらの目的別ローンを利用してもフリーキャッシングよりお得なのは間違いありません。