アルバイトでもキャッシングをすることは可能

アルバイトの方でも安定した収入を確保しており、多くの収入を稼いでいる方は十分にキャッシングを利用できる可能性があります。実際にアルバイトという立場でキャッシングをしている方はたくさんいるので、雇用形態がアルバイトだからといって、必ずしも利用することができない訳ではないです。

安定した収入に加えて、個人の信用情報をチェックしていき、どちらも問題なければ、融資をしてくれる可能性が高いです。少しでもキャッシングの審査を通過するためには、アルバイトで働いている方に対し、融資実績を多く積み重ねている銀行や消費者金融を選択することが大切です。

同じように見える銀行や消費者金融でもどのような人に融資をしているのか異なっているため、アルバイトの人に融資を積極的に行っている銀行や消費者金融を選べば、少しでも融資してもらえる可能性が高まります。

即日融資の消費者金融のメリット

即日融資してもらえる消費者金融が人気です。消費者金融というと、金利が高いイメージがあるかも知れませんが、業者を選べば上限があまり高くない所もありますし、初回の利用なら金利がかからないというところを選べばかなりお得に融資が受けられます。自分がどの業者を利用するのかを決める時には比較したほうがより便利でお得に利用できます。

金利や返済方法は業者によっても異なります。特に初回の利用で金利ゼロというサービスは利用しないともったいないくらいですので初めてという方はぜひ利用しましょう。インターネットから申し込むと即日融資が可能です。その日のうちに入金をしてもらいたい場合には、できれば午前中までに申し込みを終えているのが理想です。

銀行のカードローンなら総量規制対象外です

今月、少しお金が足りない。借りたいのにでも、消費者金融のカードローンの審査に落ちてしまった。

返済もしっかりしてるのになんでだろうとお悩みの方。

もしかしたら、総量規制に引っかかっているのかもしれませんよ?

そもそも総量規制とは、過度な借り入れを防止するために設けられた制度で債務者の年収の三分の一以上の借り入れをできなくする規制です。

簡単に言いますと、年収300万円の方なら100万円が借りられてそれ以上は規制に引っかかるために借り入れができなくなるということです。

一度、自分の年収と借入金額を見て調べてみましょう。

調べてみて総量規制に引っかかっている方、なるほどじゃあ借りられないのか諦めようと思ってしまいますよね?

諦めないでください、総量規制対象の方でも借りられる可能性があるところがあります。

それが、銀行のカードローンです。

なぜ、銀行のカードローンは総量規制に引っかからないのか?

そもそも、総量規制というのは、賃金業方に基づいた規制で銀行のカードローンは銀行法に基づいて審査、融資をしています。銀行法には、総量規制がありません。

なので、銀行の独自の審査に基づいて総量規制対象外になり融資の可決や否決が出せるのです。

消費者金融で即答で借りられなかった場合、総量規制に引っかかってないか調べ、引っかかっている場合は銀行のカードローンでの借り入れも視野に入れるのもいい方法だと思います。