債務の一本化など、借り換えはタイミングよく

現在、カードローンやフリーローンなどの高利な借入がある場合、それらの債務を一本化する借り換えという方法があります。

借り換えは、いつでも手続きを行うことができますが、必ず審査があるので審査に通ることが絶対条件です。

審査では、年収や現在の借入残高、返済履歴など総合的に判断して行われます。

中でも一番重点を置かれるのは返済履歴です。

返済履歴に遅延などがあると、今後も延滞を発生される可能性があると考え、審査が否決となる場合があります。

借り換えをするタイミングとしては、延滞履歴がない状態がベストです。

また、借入残高も少ないに越したことはありませんが、借り換えをすることにより毎月の返済額を減らしたり金利を下げることができる場合、借り換えをするメリットがあるので審査結果も期待できると思います。

以上のように返済履歴に遅延がない状況が借り換えを行うタイミングと書きましたが、借り換えを行えた後、延滞などを発生させてしまっては、もし今後借入を起こす時や借り換えを再び考える時、審査に影響が出てしまいます。

どのような状況でも、返済は遅延なく行うことが一番大切だと言えます。

一般的なキャッシングに適用される金利について

キャッシングの利用を考えた時に、一番気になるのは、いくら利息がかかるのか、という点ではないでしょうか。

消費者金融や銀行のキャッシングの利率は、3.0~18.0%、4.0~14.5%というように、ある程度の幅をもって表示されています。いくら借りたら、どの利率が適用されるのかは細かく決まっていますが、フリーローンと呼ばれる一般的なキャッシングの利用では最高金利が適用されます。

キャシングの金利は、大手消費者金融では18.0%、銀行では14.5%程度が最も多くなっています。金利で選ぶなら銀行が有利ですが、審査が厳しめで時間がかかる傾向があるので、スピードを重視して消費者金融を選ぶ人も多くなっています。また、大手消費者金融では、初回契約に限り、30日間の無利息サービスを行っているところが多いので、すぐに返済できる場合は、消費者金融の方が支払利息を抑えられることもあります。

申込み前には、各社のサイトで返済シミュレーションをして、利息を確認してみましょう。

審査なくしてお金を借りることは難しい

お金がなくても消費者金融があるから大丈夫と安易な考えをお持ちの方も実際にいるようです。確かに消費者金融はお金に困っている方の力になってくれるのですが、それは審査に通った方のみにしかお金を貸さないという意味なのです。なのでキャッシングも審査に通らなければ始まらないということです。そもそもどうして審査というものが存在しているのかと説明しますと、本当にこの人にお金を貸しても返済してくれるのか?という心配があるからなのです。

つまり仕事をしていないという方だと返済方法が全く想像できなくなるので、審査に通らないことが多いです。また住んでいる場所を証明できないのも問題となります。お金を貸したのに消息が不明になられてしまっていは消費者金融も困るからです。キャッシングには審査が付き物ということを忘れてはいけないのです。

負担軽減するならネット返済の活用を!

消費者金融のカードローンにおいて、毎月の返済時に手数料に注意する必要があります。特に時間が無く提携ATMの利用頻度の多い方は無駄な費用が発生してしまい負担がアップすることもあります。提携ATMの場合、返済時も利用手数料が掛かることがあり、返済のために銀行口座から現金を引き出す際にも手数料を支払うといった二重の無駄に繋がることもあり得ます。

しかし、大手消費者金融ならネット返済にも対応しており、振込手数料が無料とお得な面があります。特に日中は仕事で忙しく返済手続きは夜間になる方はネット返済で手数料を抑え、浮いた手数料分を返済の元本に充てるのがおすすめです。ATMの利用手数料は見逃しがちですが、カードローンを利用するなら契約前にチェックすることが重要です。