りそな銀行のカードローンの共通する特徴

メガバンクの一つであるりそな銀行はプレミアムカードローンという商品とクイックカードローンという商品と2種類ものカードローンの取扱いをしていて、それぞれの商品に魅力的な特徴があります。

それぞれのカードローンには違いがある一方で、共通している特徴もあるので、それらについて解説を行います。

・共通する特徴について

りそな銀行のカードローンは種類の関係なくインターネットでの申し込みが可能であり、来店不要での契約が可能となっています。またりそな銀行の普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が加わる形となるので、すでにりそな銀行のキャッシュカードを持っている人ならば、新たにカードの受領をする必要がなく、窓口に足を運ぶ必要なく契約ができるという特徴があるのです。

またりそな銀行の普通預金口座から税金や公共料金などの引き落とし設定をしている場合、カードローンはさらに便利な機能を発揮してくれます。

もしも引き落としの際に残高が不足している場合、不足分を自動的に融資してくれ、残高不足での引き落とし不能を防いでくれる機能があるのです。この機能があればうっかり忘れをしていてもお金がなくて困っている時でも、引き落とし不能という最悪の事態を避けることができるのです。

残高を一旦リセット出来た時が借り換えタイミング

利息が低く限度額も大きくなることが出来そうなカードローンへの借り換えを考えるならば、現在借入しているカードローンを一旦リセット掛けられた、そのタイミングが最適だと思います。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制という年収の1/3までしか借入が出来ないというものがあります。それは、1社からではなく、契約している全ての金融機関からの借入総額でのことなのです。

その為、年収の1/3が150万円の場合、他社からの借入が50万円あった場合、別の消費者金融と契約しようと申し込む場合、限度額は残りの100万円が最高額となってしまうのです。

申込書にも、他社からの借入額を記載する欄があります。まずは自己申請となりますが、信用機関に確認を取れば分かることですので、虚偽は通りません。まずは、他社からの借入額が限りなくゼロに近い状態で、新たな借入先としたい消費者金融系カードローンへ申し込むことで、年収1/3の総量規制の満額を限度額とする契約が出来る可能性が出てくるのです。

より有利な借入先と契約することを考えるならば、他社からの借入が多くなってしまってからではなく、ボーナス時等で返済出来るタイミングで、出来る限りゼロに近づけるなどリセットを掛けたタイミングで、契約申込みをすることがベストだと考えます。