一般的なキャッシングに適用される金利について

キャッシングの利用を考えた時に、一番気になるのは、いくら利息がかかるのか、という点ではないでしょうか。

消費者金融や銀行のキャッシングの利率は、3.0~18.0%、4.0~14.5%というように、ある程度の幅をもって表示されています。いくら借りたら、どの利率が適用されるのかは細かく決まっていますが、フリーローンと呼ばれる一般的なキャッシングの利用では最高金利が適用されます。

キャシングの金利は、大手消費者金融では18.0%、銀行では14.5%程度が最も多くなっています。金利で選ぶなら銀行が有利ですが、審査が厳しめで時間がかかる傾向があるので、スピードを重視して消費者金融を選ぶ人も多くなっています。また、大手消費者金融では、初回契約に限り、30日間の無利息サービスを行っているところが多いので、すぐに返済できる場合は、消費者金融の方が支払利息を抑えられることもあります。

申込み前には、各社のサイトで返済シミュレーションをして、利息を確認してみましょう。

アルバイトでもキャッシングをすることは可能

アルバイトの方でも安定した収入を確保しており、多くの収入を稼いでいる方は十分にキャッシングを利用できる可能性があります。実際にアルバイトという立場でキャッシングをしている方はたくさんいるので、雇用形態がアルバイトだからといって、必ずしも利用することができない訳ではないです。

安定した収入に加えて、個人の信用情報をチェックしていき、どちらも問題なければ、融資をしてくれる可能性が高いです。少しでもキャッシングの審査を通過するためには、アルバイトで働いている方に対し、融資実績を多く積み重ねている銀行や消費者金融を選択することが大切です。

同じように見える銀行や消費者金融でもどのような人に融資をしているのか異なっているため、アルバイトの人に融資を積極的に行っている銀行や消費者金融を選べば、少しでも融資してもらえる可能性が高まります。

アルバイトでもキャッシングできるの?

当時、自分はスーパーのアルバイトをやっていました。

どうしても、今年から入学する専門学校の入学金の工面ができずに悩んでいました。

そこでアコムさんから、借り入れをしてみようと思いました。

しかし、社員になっておらずバイトの人間が借りられるのか不安で不安で堪りませんでした。

しかし、借り入れしないと入学ができない事もあり、自分を奮い立たせアコムの門を叩きました。

結論から言いますと、40万円の融資を受けました。

借り入れをしたあとにネットなどでなぜ借りられたのかというのを気になって調べてみました。

やはり、一番大切なのは、アルバイトでも在籍年数が長いことらしいです。(自分は、当時その職場で五年努めていました)

そして、安定した給与をもらっている事。が、大切な事と記載されておりました。

バイト、パートでも借りられました。アコムのオペレーターさんは、とても物腰が柔らかく相談だけでも聞いてくれると思います。悩んでいる方は、一度相談だけでも言ってみてもいいかもしれませんね。

アルバイトでもあきらめないで!アルバイタでもキャッシングはできます!

私はキャッシング経験があるので、よく友人からキャッシングのことについて聞かれます。

その中で一番多いのは「アルバイトでもキャッシングが出来るの?」という質問です。

もちろん全ての人がキャッシングを利用できる、というわけではありません。

しかし私はフリーター時代でもキャッシングをすることができました。

アルバイターでも一定の収入があれば、キャッシングを諦めずにぜひ審査を受けてみて欲しいなと思います。

私自身フリーター時代はクレジットカードの作成を拒否されたこともあったので、キャッシングはできないとあきらめていましたが、実際に借りることができました。

さらに、キャッシングの仕組みはとても端的でわかりやすく簡単に利用をすることが出来ます。

審査自体に必要な書類などは特にありません。

顔写真付きの身分証明書を携帯のカメラで送信するだけで、さらに結果がメールや電話で来た後はそのまま契約も出来てしまいます。

実際に店舗に行って審査・契約をしなくて済むのも、忙しいアルバイターには嬉しい点ですよね。

誰にでも急な出費で困る経験はあると思います。

アルバイターの方でもキャッシングが利用できる、という知識をどこかで覚えておいて欲しいなと思います。

キャッシングの返済はどこでやるのか

昔は店舗でお金を借りて、返済もそこまで持っていくことがキャッシングの基本だったのですがATMなどの普及によって、そこでの返済もできるようになっています。そもそも無人の貸付機というのが出てきたから一気に普及したこともあり、借り入れから返済まで一度も人と対面することなく、済ませることもできるようになっています。返済なのですが有人店舗に持っていく、無人店舗の機械から、提携しているATMから、特定の口座に振込みをして、或いは口座振替なんてことができるところもあります。色々な方法で返済ができるようになっていますがその方式自体は二つしかないです。

それが約定返済と随時返済になります。約定返済は毎月確実にこの金額まで返済はして、というものであり、随時返済はそれ以外の返済になります。一回払いならばともかくとして、分割でやっていく場合においては如何に多くの随時返済ができるのか、ということによって最終的な利息の合計が違ってくることになりますから、少しでも前倒しして随時返済をしていくようにしましょう。しかし、ここで注意するべきは返済する時のATMなどの手数料です。業者のATMなどであればかからないですが提携しているだけのところではかかることもありますから注意することです。

キャッシングで延滞をするとでてしまうペナルティー

キャッシングでお金を返済し忘れると、大きな損失を負うということを知っていますか?

ちょっとくらい遅れてもいいやと思っていると、大きな痛手を負うようなこともあったりします。

どんなことが起こるのでしょうか?

1 遅延損害金の発生

 返済期日を過ぎると、どこの会社であっても基本として遅延損害金という名の損害金を支払うようになっています。

遅延損害金の計算方法としては、借入残高×遅延損害金の利率(年率)÷365日×延滞日数という感じになります。

会社によって利率は異なりますが、最大で20%とくらいの損害金を取られることになります。

また、延滞日数は「返済期日の翌日から支払完了日」までの日数となっているのが一般的ですので

返済は遅れないようにしないといけません。

2 借り入れができなくなったり、ローンなどの審査にも影響が出る

 また、返済が滞るとその会社では新しくお金を借りられなくなります。

返済をしてくれな胃のにお金を貸してくれといってもそんな都合のいいことは許されません。

困ったときであっても返済がされていなければ、お金を借りれないので急なときなどには特に困ったものです。

その他にもローンなどの新規の審査にも影響が出てきます。信用情報に延滞や長期延滞などの記録が残るからです。

キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利

私がカードローンを使うようになったのは夫の消費癖がひどかったからです。

初めは私の独身時代の貯金から生活費を当てていましたが貯金も底を尽きてしまいました。

元々クレジットカードから光熱費やガソリン代などは引いていたのでリボ払いで乗り切っていました。

そのリボ払いがどんどん溜まりその支払いをする為にもキャッシングに手を出していきました。

キャッシングは以前にも1度使っていた過去があります。

その時は返すあてもありました。実際に滞りなく返済出来ました。

一時的な出費だったのでキャッシング出来たことはとても助かりました。しかし、返すあてのない生活費にキャッシングを使うのはかなり危険だと思います。

実際に生活費をキャッシングし、返済と生活費がどんどん重なっていくことで借金が雪だるま式に膨らんでいきます。計画的に使用しないと借金がどうしようもなく膨らんでいきます。計画性が必要だと感じました。

キャッシングやカードローンは一時的な出費にはとても便利だと思います。しかし生活費にあてるのは危険です。返すあてのない借金はしないで下さい。そして家族であってもカードは貸さないで下さい。

これからクレジットカードを作ろうという人は参考にしてください。

レイクの無利息キャッシングを上手に利用しよう

新生銀行のカードローン「レイク」では、初めての契約時に30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息を選ぶことが出来ます。

30日無利息は、借入金額全額が30日間無利息となります。

180日間無利息は、契約額が1万円から200万円の方で借入金額のうちの5万円までが無利息で180日間利用できます。

契約金額が200万円以上の場合は30日間無利息のみとなり、200万円以下の時はどちらかを選択することになります。

レイクの無利息を利用する時の注意点として、契約時からの期間であり、お金を借りた日からの期間ではないということです。

例えば、4月1日に契約をした場合30日無利息期間は4月2日から5月2日までの間で、180日間無利息期間は4月2日から9月29日までです。

4月1日に契約をして4月5日にキャッシングしたとしたら、30日無利息期間は27日利用できて、180日無利息期間は177日利用出来る事になります。

なので、無駄な期間を作らないよう、レイクに申込みをする時は、本当にお金が必要な時に借りるようにしましょう。

借入金額と借入期間によってどちらを選ぶほうがお得になるかは違ってくるので、レイクの公式サイトのシュミレーション利用して確認してから利用しましょう。

キャッシングの返済のポイントとは

お金を借りる方法というのはいくつもあるのですが、その一つにキャッシングがあります。これは無担保であり、保証人なしで借りることが出来るのです。しかし、その分、お金の借り方としてはどうしても金利が高目、という側面があります。それは注意しておくべきでしょう。しかし、とにかく早く返すことによって、それを抑えることができるのです。それこそが返済のポイントであるといえます。返済には約定返済と随時返済というのがあるのですが、この随時返済というのをしつかりとやっていくことによって、かなり利息額を抑えることができるようになります。

これはとても大きな利点であるといえますから、しっかりと覚えておきましょう。キャッシングというのは、いざというときに本当に助かることになります。それはよいのですが、問題となるのはどこで借りるのか、ということです。とりあえずカードを発行してもらうところを決めましょう。基本的に極度方式貸付という方法をやっていますから、事前に持っていることがお勧めできるのです。まずは当たり前ですが金利が安いところを狙いましょう。そして、出来れば無利息期間があるところにすればなおのこと、よくなることでしょう。

キャッシング初心者の学生が陥る罠

最近はクレジット一体型のカードが多いですが、キャッシュ機能を何も考えずにつけてしまうとリスクが大きくなります。例えば毎日使うポイントカードなどや銀行のカードにキャッシュ機能をつける時は本当に管理できるか考えなくてはなりません。

また、キャッシュカードを無意味に複数もつことはお勧めしません。ではどうすれば安全に利用できるでしょうか。

クレジットカードとポイントカードを分けましょう。そして、クレジットカードは一つにして使わない時は適切な場所に保管しましょう。

特に、最近気をつけなくてはいけないと思ったのはTカードです。Tカードは定期的に更新する上、その度に手数料が無くなるという釣り餌でキャッシュ機能の付与を勧めてきます。たかが数百円のために、クレジットカードの不正利用のリスクを高めるというのはあまり良いことだとは思えません。

また、すでにあるポイントカードのキャッシュ機能必要ない場合は、キャッシュ幅を0に設定して、不正利用されないようにしましょう。

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利です。しかし、間違った使い方をすれば、不正利用されたり、または銀行からの信頼を失い再発行が出来なくなるというリスクもあります。その上で正しい利用法を身につけるということが学生のうちに必要なのではないでしょうか。