債務の一本化など、借り換えはタイミングよく

現在、カードローンやフリーローンなどの高利な借入がある場合、それらの債務を一本化する借り換えという方法があります。

借り換えは、いつでも手続きを行うことができますが、必ず審査があるので審査に通ることが絶対条件です。

審査では、年収や現在の借入残高、返済履歴など総合的に判断して行われます。

中でも一番重点を置かれるのは返済履歴です。

返済履歴に遅延などがあると、今後も延滞を発生される可能性があると考え、審査が否決となる場合があります。

借り換えをするタイミングとしては、延滞履歴がない状態がベストです。

また、借入残高も少ないに越したことはありませんが、借り換えをすることにより毎月の返済額を減らしたり金利を下げることができる場合、借り換えをするメリットがあるので審査結果も期待できると思います。

以上のように返済履歴に遅延がない状況が借り換えを行うタイミングと書きましたが、借り換えを行えた後、延滞などを発生させてしまっては、もし今後借入を起こす時や借り換えを再び考える時、審査に影響が出てしまいます。

どのような状況でも、返済は遅延なく行うことが一番大切だと言えます。