学生のキャッシング申し込みについて

学生の方でも、キャッシングの利用を申し込みすることができます。

ただし、年齢が満20歳以上で、安定収入があることが条件になります。

学生ですので、もちろん正社員として働いているわけではありませんので、この「安定収入」と言うのは、アルバイトをして収入を得ていれば大丈夫と言うことになります。

大体の金融業者の条件は、この設定をしているのが一般的です。

では、アルバイトをしていない学生は、申し込みができないのか?と疑問が沸きますが、それは、各金融業者によって、違いがあります。

例えば、親からの仕送りの金額がとても多い場合など、申し込みができる可能性があります。

では、アルバイトなどで収入があるが、未成年の学生の場合は?と言うと、基本的に、どこの金融業者も、申し込みは受付けしていません。

ただ、親権者の同意や承諾を得ることができる場合は、申し込みができる金融業者もあります。

また、学生の方が、キャッシングを利用する場合、親権者の連絡先を申告する必要があります。

これは、もし返済が滞ってしまったり、本人と連絡が取れなくなった時など、万が一の事態に備えたものですので、それ以外は、連絡が行くことがありません。

キャッシング初心者の学生が陥る罠

最近はクレジット一体型のカードが多いですが、キャッシュ機能を何も考えずにつけてしまうとリスクが大きくなります。例えば毎日使うポイントカードなどや銀行のカードにキャッシュ機能をつける時は本当に管理できるか考えなくてはなりません。

また、キャッシュカードを無意味に複数もつことはお勧めしません。ではどうすれば安全に利用できるでしょうか。

クレジットカードとポイントカードを分けましょう。そして、クレジットカードは一つにして使わない時は適切な場所に保管しましょう。

特に、最近気をつけなくてはいけないと思ったのはTカードです。Tカードは定期的に更新する上、その度に手数料が無くなるという釣り餌でキャッシュ機能の付与を勧めてきます。たかが数百円のために、クレジットカードの不正利用のリスクを高めるというのはあまり良いことだとは思えません。

また、すでにあるポイントカードのキャッシュ機能必要ない場合は、キャッシュ幅を0に設定して、不正利用されないようにしましょう。

クレジットカードは正しく使えば、非常に便利です。しかし、間違った使い方をすれば、不正利用されたり、または銀行からの信頼を失い再発行が出来なくなるというリスクもあります。その上で正しい利用法を身につけるということが学生のうちに必要なのではないでしょうか。