現在でも専業主婦が利用できる銀行カードローンは?

昨今の銀行カードローン問題から、以前は自身には収入のない専業主婦でも契約できた銀行カードローンが次々と新規の契約を行わなくなっている現実があります。この問題自体が返済能力のない人に必要以上に貸していたという問題だったので、これはいた仕方のない面もあると言えます。

特に大手都市銀行やそれに迫る規模の各銀行では新規に専業主婦が契約を行うのは難しくなりました。一部の地方銀行ではまだ専業主婦でも契約を行えますが、その銀行の営業エリアに住んでいることが条件だという場合も多いことから、現在キャッシングをしたい専業主婦はどこなら利用できるか探すのも大変だと思います。

そこでおすすめしたいのが、元々専業主婦でも比較的借りやすかったネット銀行です。その中でも楽天銀行やジャパンネット銀行では今でも問題なく専業主婦でも契約を行うことができます。特に楽天銀行は配偶者である夫の勤務先を伝える必要もないので、夫には内緒でカードローンを利用したい人にはとてもおすすめです。

ジャパンネット銀行の場合、借りることはできますが、原則的に夫の勤務先まで確認の電話があります。更にジャパンネット銀行の口座も作る必要があるので、楽天銀行より些かハードルが高くなりますが、それでも問題がないという場合にはこちらも候補に入れていいでしょう。

更にソニー銀行でも専業主婦に対して融資を行っていますが、この銀行では本人の住民票が必要になり、借りられるのは最高でも10万円までです。

このような現状から、専業主婦がカードローンを利用するなら楽天銀行がおすすめなのは間違いありません。融資金額も最高で50万円までなので、専業主婦にとってこれ以上の条件の銀行はまず現在ではないと言えるかも知れません。

専業主婦のためのカードローン口座

まだ子供が小さいからパートに行けないママさんでも、お金が必要な時があります。
ご主人の甲斐性があれば問題ありませんが、ご主人に「今月生活費が足りないからピンチだよ」とはなかなか言えないです。
そこで給料日まで2~3万円借りられたらという時に役に立つのがカードローンです。
しかし本人に収入のない専業主婦は、法律で借りられる金融機関が限定されているのです。

専業主婦が基本的に唯一借りられるのが、銀行カードローンです。
銀行カードローンは総量規制の対象外のため、収入のない専業主婦でも借りられます。
もちろんご主人の同意や収入を証明する書類の提出も不要で、ご主人に内緒で借りられます。
それに20~30万円までしか貸してもらえないので、借り過ぎるという心配もありません。
どうしてもお金が必要なら、銀行カードローンに頼ってはいかがでしょうか?