主婦は消費者金融でキャッシングをすることができるか

主婦の女性もいろいろなことでお金が必要になるので、キャッシングをすることが少なくありません。そして主婦は基本的に銀行カードローンを利用して借入をしています。その理由として消費者金融は総量規制の対象となっているので、主婦の女性は借入しにくいからです。

そこで主婦の女性は消費者金融を利用してお金を借りることができるのかが気になるところですが、それは可能です。なぜなら総量規制の問題をクリアするためには借入をする人の収入面や勤務先の勤続期間などの属性を改善すればいいからです。

そして主婦といっても会社などに勤務して仕事をして収入を得ている人であればまず問題なく消費者金融で融資を受けることができます。またパートやアルバイトをしている主婦でもレギュラーとして勤務していればまず審査に落とされることはないでしょう。

これに対して仕事をしてない専業主婦はどうなのかというと旦那に協力してもらって配偶者貸付を利用することでキャッシングをすることができます。

消費者金融は安心して利用できる金融機関です

消費者金融からお金を借りることに不安や抵抗を感じているかたは多いと思いますが、銀行のグループ会社になっているような消費者金融を選べば法外な利息を取られることもありませんので普通の金融機関として安心して使えると思っています。もちろんお金を借りれば利息は掛りますので計画的に利用する必要はあります。

借りたお金はすぐに返すということに気を付けて利用していれば何の問題もありません。私もお給料日前に少しお金が足りなくなると消費者金融からお金をちょっとお金を借りてお給料が出たらすぐに返すようにしています。私が借りているのはいつもだいたい1万円とか2万円くらいです。給油日前の10日前に2万円借りたとして利息がどれくらいになるのかと言いますと、利率を18%として計算すると99円くらいです。99円ほどの利息であれば大して気にする必要もないと思います。

利息は日割り計算になるので早く返すほど安くなります。消費者金融のキャッシングサービスはもともとこのような少しのお金を短期間借り入れるのに適したサービスになているのです。消費者金融のキャッシングには総量規制という借り入れの出来る金額に規制がかけられています。利用するひとの年収の3分の1までしか借りられないのです。

私の年収は200万円くらいなので消費者金融から借りられたとしても60万円程度ということになります。それでも日々の生活に必要なお金をちょっと借りるには充分すぎる金額です。パートやアルバイトで働いているかたでも消費者金融には申し込めますのでお金に困ったことがあったら消費者金融の利用を検討してみても良いと思います。

消費者金融と審査の特徴について

キャッシングを利用できる金融機関には銀行と消費者金融などがあります。それぞれに特徴がありますが、なかでも大きな違いの1つに審査があり、審査基準の差で審査に通るかどうかが決まるケースは多いです。

消費者金融の審査は比較的通りやすいとされていますが、消費者金融の数は現在では非常に多く、それぞれ通りやすさには違いがあることも少なくありません。

アルバイト、パートなどであってもお金を借りられる時代ではありますが、それでも勤続年数や収入を重要視するところは今でも多いため、人によってはより審査の甘いところを探したほうが良いです。自営業者の場合は、安定した収入が定期的に入っているかが重要視されます。ちなみに消費者金融側が自営業者用のサービスを提供している事もあります。

消費者金融は大抵、ホームページを使ってサービス紹介しているので事前にそちらから基本的な情報を仕入れておきましょう。もちろん口コミサイトなどで得られる情報が有益なこともあります。ただしそういったサイトで得られる情報の信ぴょう性は個人で判断しましょう。複数の情報を照らし合わせると、情報の信ぴょう性を測りやすいです。

ちなみに、審査はスピードにも違いが有り、早いところなら数十分から数時間程度で審査結果がわかります。