銀行のカードローンなら総量規制対象外です

今月、少しお金が足りない。借りたいのにでも、消費者金融のカードローンの審査に落ちてしまった。

返済もしっかりしてるのになんでだろうとお悩みの方。

もしかしたら、総量規制に引っかかっているのかもしれませんよ?

そもそも総量規制とは、過度な借り入れを防止するために設けられた制度で債務者の年収の三分の一以上の借り入れをできなくする規制です。

簡単に言いますと、年収300万円の方なら100万円が借りられてそれ以上は規制に引っかかるために借り入れができなくなるということです。

一度、自分の年収と借入金額を見て調べてみましょう。

調べてみて総量規制に引っかかっている方、なるほどじゃあ借りられないのか諦めようと思ってしまいますよね?

諦めないでください、総量規制対象の方でも借りられる可能性があるところがあります。

それが、銀行のカードローンです。

なぜ、銀行のカードローンは総量規制に引っかからないのか?

そもそも、総量規制というのは、賃金業方に基づいた規制で銀行のカードローンは銀行法に基づいて審査、融資をしています。銀行法には、総量規制がありません。

なので、銀行の独自の審査に基づいて総量規制対象外になり融資の可決や否決が出せるのです。

消費者金融で即答で借りられなかった場合、総量規制に引っかかってないか調べ、引っかかっている場合は銀行のカードローンでの借り入れも視野に入れるのもいい方法だと思います。

総量規制対象外の目的別ローンを利用するならどこがおすすめ?

目的別ローンは総量規制の対象外なので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れを行うことも可能です。そして、一般のキャッシングを利用するより金利が優遇されるので、これも目的別ローンの魅力だと言えるでしょう。

ただし、その名前の通り、何かの目的の為にお金を借りることになります。例えば冠婚葬祭の費用やレジャー費用、学校の入学金や授業費、入院費や免許の取得の為など、様々な目的に応じた借り入れを行うことができます。そのような目的があってお金が必要な場合には、フリーキャッシングではなく、目的別ローンを利用できないかキャッシング会社まで相談してみてください。

大手消費者金融では、プロミスとアイフルでこの目的別ローンを用意しています。プロミスでは最高300万円までの借り入れが可能で、金利は6.3~16.5%です。アイフルでは目的別に借りられる上限金額や金利が異なり、上限金額は50~100万円、金利は9.8~17.0%となっています。

この数字だけを見るとプロミスの方が利用しやすいように見えますが、アイフルの方が多くの目的に対応しているので、50万円や100万円で足りる目的の場合は、まずはプロミスにその目的で借りられるかを尋ねて、無理だった時にはアイフルの利用を考えてみてはどうでしょう。どちらの目的別ローンを利用してもフリーキャッシングよりお得なのは間違いありません。