キャッシングの返済方法には金融業者の特徴が出る

キャッシングの申込方法だけでなく、借入や返済方法が多様化した結果として、金融業者ごとに特徴が出るようになりました。

金利設定が大きく変わらない消費者金融では、僅かな1%未満の金利差よりも、返済方法の多様化と使いやすさを中心に選んだ方が、総返済額を減らせる可能性があります。

専用ATMだけでなくコンビニATMでも借入と返済が出来るようになりましたが、提携ATM利用手数料は金融業者によりバラバラな現状があります。

常に一括返済をしている人ならば大した金額になりませんが、1回216円の提携ATM利用手数料であっても、年12回利用すれば2,592円と無視できない金額となります。

随時返済と約定返済を組み合わせると返済回数は更に増えるので、手数料だけでも4,000円以上となっても不思議ではありません。

三井住友銀行カードローンの返済方法について

都市銀行のうちの一つである三井住友銀行のカードローンは、申込から審査回答までの時間が最短で30分となっている商品特性があるので、すみやかにカードローンの契約をしたいという人にもおすすめできる大手銀行カードローンとなります。

三井住友銀行カードローンには多彩な申込方法が用意されているわけですが、カードローンを利用する上で契約や借り入れと同じくらい重要になるのが返済方法となります。三井住友銀行カードローンにはいくつの返済方法があるのでしょうか。

三井住友銀行カードローンでは、ATMを利用した返済・振込みによる返済・口座振替による返済と、3種類歩返済方法があります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

・ATM

三井住友銀行のATMやコンビニATM、ゆうちょ銀行のATMなどが利用可能です。なお三井住友銀行ATMやコンビニATMを利用した場合、三井住友銀行のキャッシュカードを利用しての返済も可能です。

・振込み

専用の口座への振込みをする方法となります。なお振込手数料は利用者負担となる点に注意が必要です。

・口座振替

利用残高に応じた約定金額が毎月約定日に自動で引き落としされます。なお約定金額は利用残高に応じて決まり、最も低いケースで、毎月1万円を返していくこととなります。なお最も高い場合は毎月7万円となります。