限度額までなら自由に借りれるのがキャッシングの魅力

キャッシングは無担保で行うことができ、用途も自由に使えるという汎用性の高いサービスでもあります。

そのぶん利息については高めに設定されていますが、いつでも借りることができていつでも返済できるという利便性の高さが魅力でもあります。

ただしいくらでもキャッシングか可能なわけではなく、借り入れには限度額が設定されているので注意が必要です。

借り入れ限度額は審査の際に利用者の年収など経済状況を鑑みて判断さることになります。

消費者金融を利用する場合には総量規制なども関わってくることになり、よりシビアに限度額が設定されてしまうので、年収が少ない方がキャッシングを行う際には限度額が低くなってしまうということを覚えておきましょう。

キャッシングの限度額は、総量規制で決まります

カードローンを利用したキャッシングの申込みを考える際に、重要になってくるのが、どれだけ借りられるのか、限度額の設定だと思います。所謂消費者金融系のカードローンでは、年収の1/3迄しか貸し出せないことが、貸金業法の総量規制というものによって、決められています。つまり、どんなに沢山借りたくても、限度額は、年収によって決まってしまうのです。

この貸金業法の総量規制は、返済不能に陥り、自己破産やその他の事故が起きるケースを低減させる為に作られた法律で、その成果は上がっているようですので、庶民を苦しめるばかりの物ではないようです。

又、この総量規制とは、1社からの借入額ではなく、いくつかの会社から借入している場合には、その合計金額が対象になるので、注意が必要です。

しかし、年収の1/3以上の限度額が欲しいと思う方も、少なくないと思います。限度額は大きい方が、安心感も大きくなると思います。ただし、計画的な利用を心掛けた利用をする場合に限ります。

そういった、年収の1/3にとらわれない限度額設定が得られるのが、銀行系のカードローンです。銀行系のカードローンですと、安定した収入がある方でしたら、限度額300万円ほどを得ることが出来る場合があります。又、限度額300万円までの申込みの場合には、収入証明を不要としているものも多くあります。

何故、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なのかというと、銀行は貸金業法ではなく、銀行法に基づいているからです。

同じようにお金を貸し出しているのに、不思議なものです。自己破産やその他の事故を低減させる為でしたら、銀行法にも総量規制があっても良い筈です。

しかし、借りられる間は、ありがたい事に違いはありません。年収に関わらず、より大きな限度額を得ようとお考えであれば、銀行系のカードローンをお薦めします。